中学校教諭を殺人などの罪で起訴 東京 江戸川区

ことし2月、東京 江戸川区の住宅に侵入し、住人の男性を刃物で殺害したとして、近くの中学校に勤める36歳の教諭が殺人などの罪で起訴されました。

起訴されたのは、東京 江戸川区立の中学校教諭、尾本幸祐被告(36)です。

起訴状などによりますと、ことし2月、勤務先の中学校近くにある江戸川区の住宅に侵入し、住人の山岸正文さん(63)を刃物で複数回切りつけるなどして殺害したとして、殺人と住居侵入の罪に問われています。

これまでの警視庁の調べで、尾本被告は当時、中学校に通勤する際、山岸さんの住宅の前を通っていて、住宅からは被告が持っているスニーカーと同じ型の足跡や、本人のものとみられる血痕が付いたマスクが見つかっているということです。

また、FX投資やギャンブルなどで、数百万円の借金があったとみられるということです。

検察庁は、認否について明らかにしていませんが、逮捕後の警視庁の調べに対し黙秘していたということです。