将棋「名人戦」第5局 藤井六冠と渡辺名人の対局 初日終わる

将棋の八大タイトルで最も歴史の古い「名人戦」の第5局が長野県で始まり、最年少での「名人」獲得と七冠達成まであと1勝とした藤井聡太六冠(20)と「名人戦」4連覇を目指す渡辺明名人(39)が初日の対局を終えました。

「名人戦」第5局は、長野県高山村に設けられた対局室で行われ、午前9時、渡辺名人の先手で始まりました。

対局は、後手の藤井六冠、渡辺名人ともに持ち時間を使いながら互いに出方をうかがい、ほぼ互角の形勢が続きました。

そして午後6時半すぎ、藤井六冠が次の1手を紙に書いて立会人に渡す「封じ手」を行って初日の対局が終わりました。

藤井六冠は、今回の「名人戦」を制すると、谷川浩司十七世名人(61)が持つ「名人」獲得の最年少記録「21歳2か月」を40年ぶりに更新するほか、羽生善治九段(52)以来、最年少での「七冠」となります。

一方の渡辺名人は、3年前に「名人」を初めて獲得して以降、防衛を続けていて、今回4連覇がかかっています。

藤井六冠にはこれまでに「棋聖」「王将」「棋王」のタイトルを奪われていて、雪辱を期す戦いです。

「名人戦」七番勝負は先に4勝した方がタイトルを獲得し、ここまで藤井六冠が3勝、渡辺名人が1勝をあげています。

藤井六冠が勝って最年少で「名人」を獲得するか、渡辺名人がタイトル防衛に望みをつなぐか、第5局は6月1日午前9時に「封じ手」を開封して再開され、勝敗は1日午後に決まる見通しです。

谷川十七世名人が話す ここまでの対局について

藤井聡太六冠(20)と渡辺明名人(39)による「名人戦」について、「名人」獲得の最年少記録を持つ谷川浩司十七世名人(61)に聞きました。

谷川十七世名人はここまでの対局について、渡辺名人が藤井六冠の得意の戦法を避け、ちみつな作戦を練って臨んでいると指摘します。

谷川十七世名人は「最新形だと今はAIの力を借りながら70手、80手くらいまで事前に研究できるが、渡辺さんが10手目、20手目くらいから前例のほとんどない形に誘導して、あとは力勝負という戦い方を選んでいる。藤井さんはこの1年ほど、先手では必ず『角換わり』を目指していて、こう攻めると有利に導けるということをふだんの研究や実際の対局で何か結論を出しているようなところがある。そこへ踏み込んでいくのは渡辺さんでなくても相当な準備が必要だと思う。力将棋に持ち込むことで流れを変えようという気持ちはあったのではないか」と話していました。

一方、藤井六冠も、力将棋となる展開を好意的にとらえているのではないかとして、「藤井さんはタイトル戦のような時間の長い将棋を数多く経験したことで序盤の初見の局面、あるいはいくら考えても答えが出そうにない局面で1時間集中して考えてその蓄積で強くなっている。『名人戦』はタイトル戦の中で持ち時間が一番長い9時間なので、渡辺さんの戦略によって力将棋になり、序盤から一手一手考えなければいけない展開も藤井さんにとってはとても楽しいのではないか」と分析していました。

そのうえで、ここまでの七番勝負で印象に残っている対局として第1局を挙げ、「藤井さんが50手目あたりで1時間半ほどの大長考をして、そこで相当先まで見極めていたことがあとで分かって驚いた。30手先を想定して実際その局面に実戦も進んだわけだが、中盤から終盤にかけては、一手一手に分岐点があって30手先を読もうとすると何千手も読まないといけない。改めて藤井さんの読みの速さ、深さ、正確さを感じた」と振り返りました。

そして、今後の勝負の行方については、「星の上でも藤井さんがリードしているのは間違いないが、渡辺さんは非常に合理的でタイトル戦も番勝負としてどういう戦い方をすればいいかということにたけている。今回のような大きく注目されるシリーズは長く続いてほしいので第6局、7局までもつれてほしいと思う」と話していました。

昼食には長野県産の食材も

「名人戦」第5局に挑んでいる渡辺明名人と藤井聡太六冠の昼食には、長野県産の食材も使ったメニューが提供されました。

このうち渡辺名人は、さび抜きのにぎり寿司をオーダーしたということです。

一方、これまでの対局でもカレーを選ぶことが多かった藤井六冠は、信州ポークを使ったカツカレーを注文したということです。

昼食を作った藤井荘の仙波浩二料理長は「長野の食材を使うことはもちろんですが、食事が勝負の邪魔にならないよう心がけて作りました」と話していました。

現地の山田温泉には将棋ファンも

名人戦第5局の舞台となった長野県高山村の温泉街、山田温泉には、現地で盛り上がりを体感しようという将棋ファンが朝から訪れていました。

千葉県から訪れた将棋ファンの女性は「すぐ近くで対局が行われていると思うとわくわくします。会場が藤井荘なので、藤井名人が誕生することを期待しています」と話していました。

また、地元の観光協会の涌井貞朋会長は「村民を含めて本当に盛り上がっています。名人戦をきっかけに、高山村や山田温泉に注目が集まりうれしいです」と話していました。

おやつを販売する菓子店に早くも注目

将棋の「名人戦」第5局で、藤井六冠が対局中に食べたおやつを販売する長野県須坂市の菓子店には、知らせを聞いた人が県外からも訪れるなど早くも注目を集めています。

今回、藤井六冠が午前のおやつに選んだのは、長野県産のあんずで作ったジャムとかんきつ風味のバタークリームを生地で挟んだ「ブッセ」と呼ばれるお菓子でした。

須坂市にある創業100年以上の菓子店が販売するお菓子で、地元では50年ほど前から親しまれているということです。

店は、31日は定休日でしたが、藤井六冠が選んだことが報じられると問い合わせが相次ぎ、急きょ、店を開けました。

早速県外からも客が訪れているほか、ネットでの注文も相次いでいるということです。

東京都に住む40代の女性は「旅行で群馬県にいたのですが、藤井六冠のおやつには注目していたので車で買いに来ました。サクサクした食感で中身のジャムともあっていてすごくおいしいです」と話していました。

菓子店の島田昌明さんは「おやつに選ばれてうれしかったですしびっくりしました。すべて手焼きなので製造できる数は限られていますが、時間が許すかぎり作り続けて皆さんに届けていきたい」と話していました。

一方、渡辺明名人が午前のおやつに選んだのは長野市の洋菓子店がつくったさくらんぼと白ワインを使ったムースケーキでした。

また、午後のおやつは2人とも、渡辺名人が午前のおやつに選んだ洋菓子店のレモンケーキでした。