長野4人殺害 容疑者 殺傷能力の高い弾を使い警察官2人に発砲か

長野県中野市で4人が殺害された事件で、逮捕された容疑者は「スラッグ弾」と呼ばれる殺傷能力の高い弾を使って警察官2人に発砲したとみられることが捜査関係者への取材でわかりました。
容疑者は「射殺されると思ったので駆けつけた警察官も殺した」などとも供述していて、警察は強い殺意があったとみて調べています。

25日の発生から29日までに明らかになったこと

今月25日、中野市江部で近くに住む村上幸枝さん(66)と、竹内靖子さん(70)が刃物で刺され、その後、通報を受けて駆けつけた中野警察署の玉井良樹警部補(46)と池内卓夫巡査部長(61)が猟銃で撃たれ死亡しました。

警察は、このうち池内巡査部長に対する殺人の疑いで農業の青木政憲容疑者(31)を逮捕し、ほかの3人を殺害した疑いでも捜査を進めることにしています。

その後の調べで、容疑者は「スラッグ弾」と呼ばれる殺傷能力の高い弾を使って警察官2人に発砲したとみられることが捜査関係者への取材でわかりました。

スラッグ弾は、熊やいのししを狩るときなどに使われるもので、容疑者は運転席の窓に銃口を突きつけていたという目撃証言があり、至近距離から運転席にいた池内巡査部長、助手席にいた玉井警部補に発砲したとみられるということです。

容疑者は「射殺されると思ったので駆けつけた警察官も殺した」などとも供述していて、警察は強い殺意があったとみて調べています。

「スラッグ弾」とは 発砲は過去にも

警察によりますと「スラッグ弾」とは散弾銃などの猟銃に装填(そうてん)する弾の種類の1つで、小さな弾が広い範囲に飛び散る「散弾」とは異なり、1発の弾丸だけが飛ぶ威力の強い弾だということです。

一般的に、散弾が鳥などの小さな獲物に使用されるのに対し、スラッグ弾は熊やいのししなどの動物にねらいを定めて撃つ際に使われます。

スラッグ弾は2007年に長崎県佐世保市のスポーツクラブで起きた散弾銃の乱射事件で使われ、このときは2人が死亡したほか、去年1月、埼玉県ふじみ野市で医師が撃たれて殺害された立てこもり事件でも使われたということです。

容疑者 “2人が散歩中 自分をばかにしていると思った” 供述

亡くなった村上さんと竹内さんは容疑者との関係は薄かったとみられますが、毎日の散歩で容疑者の自宅の前を通っていて、当日も散歩の途中に襲われたとみられています。

これまでの調べで、容疑者は自宅に立てこもった際に説得に当たった親に対し「2人が話しながら散歩しているとき、自分のことを『独りぼっち』とばかにしていると思った」などと話していたことが、捜査関係者への取材でわかっています。

警察は、談笑しながら散歩する2人を見て悪口を言われていると思い込み、襲った疑いもあるとみていて、恨みを抱くようになった時期やきっかけについて調べを進めることにしています。

容疑者 以前にも別の人から「独りぼっち」と言われ怒りか

さらに、その後の調べで、以前にも、別の人から「独りぼっち」とばかにされたと訴え、怒りをあらわにすることが少なくとも2回あったことが捜査関係者への取材でわかりました。

このうちの1回は、容疑者の一家が経営するジェラート店で仕事を手伝っていた人から「独りぼっち」とばかにされたと思って怒ったということです。

“死因はいずれも失血死”

警察は、4人の死因はいずれも失血死だったと発表しました。

また警察は、村上幸枝さんと竹内靖子さんは、いずれも複数の刺し傷があったと発表しました。

中野警察署の玉井良樹警部補には銃で撃たれたほか、刺された傷があり、これが致命傷になったとみられ、池内卓夫巡査部長は銃で撃たれた傷があったということです。2人は、いずれも拳銃を所持していなかったということです。

これについて警察は「急を要し、拳銃を着装する時間がなかったので、やむをえず着装せず現場に向かったと思う。このような結果になったことは大変残念だ」とコメントしています。

殉職した玉井警部補を同僚が見送る 中野警察署

殉職した2人の警察官のうち、玉井警部補を悼む式が29日、所属していた中野警察署で行われました。

署の玄関前には布施谷明子署長をはじめ署員などおよそ60人が整列し、午後2時20分ごろ、玉井警部補のひつぎを乗せた車が到着しました。

そして、布施谷署長が遺族にことばをかけるなどして車はおよそ5分間署の前にとどまったあと出発しました。

雨が降りしきる中、傘をささずに整列した署員たちは、一斉に敬礼して殉職した同僚を静かに見送り、別れを惜しんでいました。

容疑者 台車を使い竹内さんを自宅敷地内に運んだか

この事件で、警察によりますと容疑者は台車を使って殺害した竹内さんを自宅の敷地内に運んだとみられるということです。

村上さんについても台車で運ぼうとしたものの、パトカーが来たため取りやめた可能性があるとしています。

警察 容疑者宅から4丁の猟銃とナイフを押収

また、警察は4丁の猟銃と事件に使われたとみられるナイフを押収したということです。

使われた猟銃は容疑者の自宅の敷地内から、残りの3丁は自宅内からそれぞれ押収したということです。

地元協議会 有害鳥の駆除活動を当面自粛

中野市猟友会や市で構成する協議会は、今回の事件を受けて27日、緊急の役員会を開き、毎年20回ほど農地周辺で実施してきた猟銃を使った有害鳥の駆除活動を当面、自粛することを決めたということです。

逮捕された容疑者は、この猟友会の所属ではありませんが、事件を受けて銃声に不安を感じる住民に配慮するためだとしています。

協議会の事務局は「有害鳥駆除は地域にとって必要な活動であるが事件があったのでやむをえない」と話していて、活動を再開する時期は未定だということです。

容疑者が代表の農園 ふるさと納税の返礼品の受け付け停止に

長野県の中野市によりますと、青木容疑者が代表者を務める農園「マサノリ園」は、去年3月に市のふるさと納税の返礼品の登録事業者となり、返礼品を出品していたということです。

品物は、ジェラートのセット2種類と、時期によってはシャインマスカットの合わせて3品でした。

事件を受けて、市は今月26日「返礼品の対応ができない可能性がある」として、新規の受け付けをやめています。

また市は、この農園に許可していた、農産品や観光商品などにつけて市をPRするためのマークについて、農園が「法令に違反するおそれがあると判断した」として同じ日に許可を取り消したということです。