北日本~東日本 今夜遅くにかけ落雷や突風 急な強い雨に注意

上空の寒気の影響で、北日本から東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっていて、1日夜遅くにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意が必要です。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど、安全を確保するよう心がけてください。

気象庁によりますと、1日は高気圧に覆われて広く晴れましたが、上空に寒気が流れ込んでいる影響で、北日本や東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっています。

このため、東北の日本海側や北陸などで雨雲が広がり、関東北部や近畿などでも局地的に雨雲が発達しています。

また、各地で落雷も発生しているとみられます。

東北や北陸、新潟県、関東甲信では、1日夜遅くにかけて大気が非常に不安定な状態が続く見込みで、気象庁は、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。
急に冷たい風が強く吹いたり、雷の音が聞こえたりするなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど、安全を確保するよう心がけてください。