日中外相が電話会談 林外相“軍事的活動の活発化 深刻な懸念”

林外務大臣は先に就任した中国の秦剛外相と初めて電話で会談し、中国が日本周辺で軍事的活動を活発化させていることに深刻な懸念を伝える一方、建設的で安定的な日中関係の構築に向けて連携していくことで一致しました。

林外務大臣と秦剛外相との初めての電話会談は2日夜、およそ50分間行われました。

この中で、林大臣は
▽沖縄県の尖閣諸島を含む東シナ海の情勢や
▽中国がロシアとも連携して日本周辺で軍事的活動を活発化させていること
それに、
▽香港や新疆ウイグル自治区の人権問題などに深刻な懸念を伝えました。

そのうえで台湾海峡の平和と安定の重要性を改めて強調しました。

さらに林大臣は、中国国内で拘束されている日本人の早期の解放を求めるとともに、日本企業の正当な経済活動を保障するため中国側の適切な対応を要請しました。

一方、両外相はウクライナ情勢をめぐって意見交換したほか、日本がことしから国連安全保障理事会の非常任理事国を務めていることを踏まえ、意思疎通を強化していくことを確認しました。

また、中国を対象にした新型コロナの水際措置について、秦剛外相が緩和を求めたのに対し、林大臣は中国での感染状況を踏まえて柔軟に対応する考えを伝えました。

そして、両外相は建設的で安定的な日中関係の構築に向けて連携していくことで一致し、あらゆるレベルで意思疎通を図るとともに林大臣の中国訪問についても具体的な調整を続けることを確認しました。

中国外相 関係改善に意欲も懸念示す

中国外務省によりますと、秦剛外相は林外務大臣との電話会談で「平和共存と友好協力が双方にとって唯一の正しい選択だ」と述べ、関係改善に意欲を示しました。

そのうえで「日本が国際的な貿易ルールと自国の長期的な利益を守る観点から、中国との経済や科学技術の協力を発展させることを望む」としてサプライチェーンの安定などに期待を示しました。

一方、秦外相は日本に対し、歴史や台湾などの重大な問題で言動を慎むとともに、沖縄県の尖閣諸島をめぐる挑発行為を制止するよう求め、けん制しました。

また、東京電力福島第一原子力発電所にたまる放射性物質を含む処理水を海に放出することについて「中国と国際社会は日本が一方的に決定したことに重大な懸念を持っている。日本が適切に公開し、透明で科学的かつ安全な方法で処理することを望む」と述べました。

松野官房長官「いいスタートと評価」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「秦剛外相の就任以降、初の日中外相間の意思疎通の機会であり、林外務大臣から建設的かつ安定的な関係の構築という大きな方向性の実現のために連携していきたい旨を述べ、秦剛外相からも同様の考えが示された。今後、外相間でさまざまな対話や意思疎通を行っていくうえで、いいスタートになったと評価している」と述べました。

林外相「中国訪問 改めて招待 具体的時期の調整進める」

林外務大臣は記者会見で「外相会談の必要性について互いに一致していた中で電話会談の調整を行った。引き続き、首脳や外相レベルを含めあらゆるレベルで緊密に意思疎通を行っていく」と述べました。

そのうえで、中国を訪問するよう改めて招待されたとして、具体的な時期の調整を進める考えを示しました。