新名神 すべての区間の通行止め解除はあす午前中の見通し

中日本高速道路は多数の車が立往生した新名神高速道路の通行止めについて当初、26日夕方までの全面解除を目指していましたが、除雪作業に時間がかかっているとして、26日夜、このうち一部の区間を解除し、すべての区間の解除は27日の午前中に行う方針です。

新名神高速道路では24日からの大雪の影響で三重県と滋賀県の間の区間を25日午前3時50分から通行止めにしましたが、このうち三重県菰野町の菰野インターチェンジと滋賀県甲賀市の甲賀土山インターチェンジの間の下り線で多数の車が動けなくなり、断続的に立往生が起きました。

中日本高速道路では除雪を急ぎ、立往生は通行止めから1日以上たった26日午前8時ごろに解消しましたが、この区間を含む三重県内の四日市ジャンクションと亀山西ジャンクションの間の上下線と、亀山ジャンクションと甲賀土山インターチェンジの間の下り線の通行止めが続いています。
中日本高速道路では当初、26日夕方までに新名神高速道路と同じく通行止めとなっている東海環状自動車道のあわせて50キロあまりの区間の開通を目指すとしていましたが、路面の凍結を手作業で溶かすなど除雪に時間がかかっているということです。

これを受けて中日本高速道路は26日午後8時40分、立往生が起きた区間の一部を含む新名神高速道路の亀山ジャンクションと甲賀土山インターチェンジの間の下り線の通行止めを先行して解除しましたが、残る四日市ジャンクションと亀山西ジャンクションの間の上下線と東海環状自動車道の新四日市ジャンクションと大安インターチェンジの間の内外回りは27日午前中の解除を目指すとしています。

中日本高速道路では夜を徹して作業を続け、できる限り早期の通行止め解除を目指すとしています。

立往生に巻き込まれた運転手は

滋賀県甲賀市の土山サービスエリアでは、立往生に巻き込まれたトラックなどの運転手が、仮眠や食事をとる姿がみられました。

埼玉から大阪に向かう途中に立往生に巻き込まれたという、50代のトラック運転手の男性は「きのう午前1時ごろから丸1日以上、トラックの中にいましたが、食料などの配付も私のところまでは届きませんでした。途中でエンジンが故障したので暖房をつけることができず、寒さがつらかったです」と話していました。

東京から兵庫の自宅に乗用車で帰る途中だったという50代の男性は「きのう午前4時ごろに立ち往生に巻き込まれ、けさまでほとんど車が進みませんでした。長時間車内にいて疲労がたまっているので、休憩をとってきょう中に帰宅したい」と話していました。