WBC初代監督 王貞治さん “レベル高い戦いに ずぶとさ見せて”

WBC=ワールド・ベースボール・クラシックで、日本の初代監督を務めて優勝に導いた、プロ野球 ソフトバンクの王貞治球団会長が取材に応じ、「レベルの高い戦いになると思う。ずぶとさを見せてほしい」とエールを送りました。

2006年に行われた第1回のWBCの大会で、王球団会長は日本の監督を務めて初代王者に導きました。

王球団会長は、ことし3月の5回目の大会に向けて、25日、取材に応じ、「日本は最高のメンバーを組めたのではないか。本当にレベルの高い戦いになると思う。『俺たちは強い』と『ふつうにやれば勝てる』という気持ちで、ずぶとさを見せてほしい」とエールを送りました。
そして、注目の選手に大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手を挙げて、「投打の二刀流で頑張ってほしいと思う。最初は打者としてチームを引っ張って、決勝リーグくらいになったら、二刀流の力を発揮してほしいと思う」と期待を寄せていました。