寒気 次第に抜けるも暴風雪続く見通し あすも厳しい冷え込みか

この冬一番の非常に強い寒気の影響で日本海側を中心に大雪となり、ふだん雪が少ない地域でも雪が積もりました。また25日朝は、全国的に最低気温が氷点下となるなど厳しい寒さとなりました。

寒気は次第に抜ける見込みですが北日本の日本海側を中心に暴風雪が続くほか、26日の朝も気温がかなり低くなると予想され、引き続き交通への影響などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、冬型の気圧配置が強まり上空にこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込んだ影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に雪が降り続きました。

午後8時までの24時間に降った雪の量は
▽鳥取県の大山で50センチ、
▽岡山県真庭市蒜山で42センチ、
▽富山市の猪谷で31センチなどとなっています

また、24日から25日にかけて京都市や津市、広島市、鹿児島市などふだん雪が少ない平地でも雪が積もりました。

25日朝にかけては、全国の広い範囲で氷点下となるなど過去10年の最低気温に近い厳しい冷え込みとなりました。

▽熊本県甲佐町ではマイナス9度ちょうどと観測史上最も低くなったほか
▽仙台市でマイナス7.5度
▽名古屋市でマイナス3.8度
▽東京の都心でマイナス2.9度
▽福岡市でマイナス2.5度
▽大阪市でマイナス2度ちょうどなどと
今シーズン最も低くなりました。

今後の見通しです。

上空の寒気の峠は越え、冬型の気圧配置は西から次第に緩む見込みですが、北日本の日本海側を中心に26日にかけて大雪や暴風雪が続くおそれがあります。

26日夕方までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▽北海道と新潟県で60センチ
▽東北で50センチ
▽関東甲信と東海で20センチと予想されています。
北日本では、雪を伴って非常に強い風が吹き海上は大しけとなる見込みで、26日にかけて予想される最大風速は
▽北海道で25メートル
▽東北で20メートル
最大瞬間風速は35メートルに達する見込みです。
また、26日も各地で厳しい冷え込みが続く見込みで
▽長野市でマイナス12度
▽札幌市でマイナス10度
▽仙台市や岡山市、熊本市でマイナス5度
▽京都市と高知市でマイナス4度
▽東京の都心や名古屋市でマイナス3度
▽福岡市や宮崎市でマイナス2度などと予想されています。
気象庁は、引き続き大雪や猛吹雪による交通への影響や暴風、高波に警戒するとともに、全国の広い範囲に低温注意報を出して水道管の凍結や農作物の管理などにも十分注意するよう呼びかけています。

各地で道路の通行止めや渋滞が相次ぎ、車の立往生も発生しています。やむをえず車を利用する際は、最新の気象や交通の情報を確認するようにしてください。

この冬も積雪が多くなった地域で、雪がやんだあと除雪作業中の事故で亡くなる人が相次いでいます。十分な対策をとり、作業は2人以上で行うなど安全を確保するようにしてください。

東京 八丈島でも雪

八丈町役場によりますと、25日朝5時半ごろから雪が降り始め、午後に入ってからも降ったりやんだりする状況が続き、止めてあった車の上には1センチほど積もったということです。けが人などの被害情報や、登下校への影響はなかったということです。

総務課の担当者は「八丈島で雪が積もるのは珍しい」と話していました。