長崎 男女群島沖 22人乗り貨物船沈没か 13人救助も2人死亡確認

長崎県の男女群島沖の東シナ海で香港船籍の貨物船が沈没したとみられる事故で、海上保安本部によりますと、乗っていた22人のうち13人が救助されました。
このうち2人は死亡が確認され、6人は意識がないということです。
現場の海域では捜索と救助活動が続いています。

第7管区海上保安本部によりますと、24日午後11時すぎ、長崎県の男女群島沖の東シナ海を航行する香港船籍の貨物船「JIN TIAN」から遭難信号を受信しました。

貨物船には中国国籍の14人とミャンマー国籍の8人の合わせて22人が乗っていて、現場付近を航行していた船からの情報では、25日午前2時半ごろに乗組員は救命ボートに乗り移り、その直後に船は沈没したということです。

海上保安庁や自衛隊のほか、韓国海洋警察庁、それに民間の船が救助に当たり、午後5時までに合わせて13人が救助されたということですが、このうち航空自衛隊が救助した2人の死亡が確認されたということです。

また、韓国海洋警察庁が救助した6人は意識がないと海上保安本部に伝えられているということです。

一方、民間の船に救助された中国人5人は意識があるということです。

現場の海域では、まだ救助されていない9人の捜索と救助活動が続いています。

男女群島とは

東シナ海に浮かぶ男女群島は、長崎県五島市の福江島から南西におよそ60キロ離れた位置にある無人島です。

男島と女島を含む5つの島からなり、面積は合わせておよそ5平方キロメートルです。

長崎地方気象台によりますと、貨物船が遭難したとみられる24日午後11時ごろは、男女群島周辺の波の高さは4メートルから5メートルあり、しけていたということです。

韓国海洋警察庁が現場海域の画像を公開

現場で海上保安庁とともに捜索と救助活動を行っている韓国海洋警察庁は、現場海域の画像を公開しました。

画像には、人が乗っていない救命ボートが海上に漂っているところを海洋警察庁の船舶が回収している様子が写っています。

また、現場で引き上げられた救命胴衣には、沈没したとみられる貨物船の船名や「香港」という文字が記されているのが分かります。

政府 官邸危機管理センターに情報連絡室を設置

海上保安庁が長崎県の男女群島沖の東シナ海を航行していた香港船籍の貨物船から遭難信号を受信したことを受けて、政府は総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集などに当たっています。