鳥取 智頭町 国道373号 雪影響でトラックなど数十台一時動けず

雪の影響で、鳥取県智頭町の国道373号線では、トラックなど数十台が最大でおよそ5時間にわたって動けなくなりました。車両の誘導を行い、すでに解消したということです。

鳥取県によりますと、智頭町の国道373号線で、24日夜7時ごろ、タンクローリーが側溝に脱輪したのをきっかけに午後9時ごろから渋滞が発生し、トラックなどおよそ90台が動けなくなりました。

これを受けて、県は25日午前1時から大雪の災害対策本部会議を開き、智頭町とともにドライバーの安否確認や水や食料の配布を行うほか、滞留した車両のドライバーなどが救助を必要としているとして、智頭町に災害救助法を適用することを決めました。

県と町が除雪作業や車両の誘導を行った結果、午前2時ごろまでにすべて解消したということで、けがや体調不良などの報告は入ってないということです。