アカデミー賞候補発表 黒澤明監督「生きる」原作の作品も

アメリカ映画界、最高の栄誉とされるアカデミー賞の各賞の候補が24日発表され、黒澤明監督の名作を原作とした「生きる LIVING」が主演男優賞と脚色賞の2部門でノミネートされました。

ことしで95回目となるアカデミー賞の各賞の候補が24日、ロサンゼルスで発表されました。

この中で、イギリスの映画、「生きる LIVING」に出演したビル・ナイさんが主演男優賞に、脚本を担当したノーベル文学賞作家のカズオ・イシグロさんが脚色賞にそれぞれノミネートされました。

この作品は1952年に公開された黒澤明監督の名作で、1人の男の人生を通して生きる意味を投げかける「生きる」が原作です。

一方、長編アニメーション賞の候補になると期待されていた湯浅政明監督の「犬王」は、ノミネートされませんでした。

また、長編ドキュメンタリー賞の部門ではロシアでプーチン政権を批判する急先ぽうとして知られる反体制派の指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏の活動を取り上げた『ナワリヌイ』がノミネートされました。

アカデミー賞の各賞の発表と授賞式は3月12日にロサンゼルスで行われます。