国際物流網混乱に備え 海外への新たなルート構築へ 国交省

新型コロナの影響やウクライナ情勢を背景に、国際的に物流網が混乱するケースが出たことを受けて、国土交通省は、日本と海外を結ぶ新たな物流ルートの構築に乗り出します。

コロナ禍から経済活動が再開する過程で、コンテナ船の輸送で混乱が起きたり、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、航空便がロシア上空をう回して飛行したりするなど、従来のルートでの輸送が滞る事態が相次いでいます。

こうしたことから、国土交通省は、混乱が起きた際に備えて、別のルートを確保するための実証事業に乗り出します。

公募によって企業を選び、ことし3月から7月にかけて、日本とヨーロッパやアメリカを結ぶ、従来とは異なるルートで輸送を行い、時間やコスト、それに必要な手続きを検証します。

コンテナ船が滞留して混乱が起きたアメリカ西海岸の港に代わって、カナダやメキシコの港を経由して輸送するルートや、ウクライナ情勢を受けて、ヨーロッパとの間を、中国経由の鉄道で結ぶルートなどを想定しています。

国土交通省で国際物流を担当する大坪弘敏参事官は「1か所で停滞しても、ほかのルートがあれば、長期間のサプライチェーンの断絶は起きにくい。あらかじめさまざまな選択肢を確保していきたい」と話しています。