JR西日本 大雪影響 京都線や琵琶湖線などで運転見合わせ続く

24日夜の大雪の影響で、JR京都線と琵琶湖線は、一時、15本の電車が乗客を乗せたまま駅の間で動けない状態になり、体調不良を訴える人も出ました。
JR西日本では、京都線や琵琶湖線を含む多くの路線で現在も運転の見合わせが続いています。

JR西日本によりますと、大雪の影響で京都線は、京都府向日市にある向日町駅付近など複数の地点で線路のポイントが切り替わらなくなり、24日午後8時ごろから京都~大阪間の全線で運転を見合わせています。

京都と滋賀を結ぶ琵琶湖線でも全線で見合わせが続いていて、運転再開のめどは立っていません。

この影響で、京都線と琵琶湖線はこれまでにあわせて15本の電車が駅の間で乗客を乗せたまま動けない状態になり、少なくとも3本の電車で体調不良を訴える人が出たということです。

このため、JRは乗客を線路に降ろして駅まで歩いて移動してもらうなどの対応をとったということですが、帰宅する手段がないため、駅に停車する電車の中や駅の連絡通路、市の施設で待機を余儀なくされる人が出ました。

また、兵庫県内を走る山陽線でも電車が動けなくなり、乗客を線路に降ろしたということです。

JR西日本では、午前11時半現在、京都線や琵琶湖線、それに神戸線など関西を走る主要な路線の多くで運転を見合わせていて、交通網の混乱が続いています。

JR西日本 立往生の原因など 記者会見開き説明へ

JR西日本は、24日夜の大雪の影響で、電車が駅の間で立往生したほか、運転の見合わせが続いていることなどについて、25日午後3時から記者会見を開くと発表しました。

会社では、立往生の原因や乗客への対応などについて説明することにしています。

滋賀 JR守山駅 ひと晩を電車内で過ごし降りてきた乗客は

大雪の影響でJR琵琶湖線が大幅に遅れている影響で、25日午前、滋賀県守山市にあるJR守山駅には、大勢の利用客が集まり、運転の再開を待っていました。

一方、京都方面からは大幅に遅れた電車が少しずつ到着していて、ひと晩を電車内などで過ごした乗客は疲れた表情で降りてきました。

京都のJR山科駅に停車した電車で、ひと晩を過ごしたという60代の男性会社員は「電車内は暑くてむしむしして、汗をかいていて、中には体調不良を訴える客もいました。電車の中ではみんな座ったまま眠っていて疲れている様子でした」と話していました。

また、25日未明から午前6時ごろまでの間、大阪 高槻市のJR高槻駅に停車した電車で過ごしたという40代の会社員は「大阪から自宅に帰る途中で、私は座ることができたのでよかったですが、別の電車に乗った知り合いは立ったままだったと言っていました。車内は比較的すいていましたが、寒かったです」と話していました。

また、旅行先の福岡の博多から守山市の自宅に帰る途中、運転見合わせの影響で移動できなくなり、新大阪駅でJRが休憩のために用意した新幹線で一晩を過ごしたという、50代の男性もいました。

男性は「きょう午前5時ごろまで新幹線の車内で過ごしました。みなさん静かに寝ていてパニックなどはありませんでした。早く家に帰ってお風呂に入りたいです」と話していました。

京都府内 13人が体調不良訴え救急搬送

JR京都線などの沿線にある消防によりますと、京都府内では、各地で列車が長時間動けなくなり、乗客が閉じ込められた影響で、あわせて13人が体調不良を訴えて救急搬送されたということです。

京都市消防局によりますと、京都市山科区では、京都駅を出発した湖西線の列車が山科駅の手前およそ1.5キロメートルの線路上で長時間にわたって動けなくなりました。

このため、24日の午後11時半ごろ、JRの職員から「列車内で気分が悪くなっている人が複数いる」などの連絡があり、25日午前4時半までに体調不良を訴えた9人が救急搬送されました。

このほか、24日午後11時ごろには山科駅近くで止まっていた特急サンダーバードから1人、25日午前0時すぎには京都駅から1人が搬送されました。

また、向日市などを管轄する乙訓消防組合消防本部によりますと、24日午後10時ごろ、向日町駅から男女2人が搬送されたということで、救急搬送された人はあわせて13人にのぼっています。

雪積もるレールを歩いて駅に向かった乗客も

25日午前2時ごろにJR琵琶湖線の京都駅と山科駅の間の線路内で撮影された映像です。雪が積もった線路の上を乗客とみられる人が列を作って歩いている様子が写っています。

また、乗客のそばには電車が停車しています。

撮影した60代の女性によりますと24日午後6時に京都駅から電車に乗車し、山科駅に向かっていたところ、駅の手前で停車したということです。

およそ8時間がたった25日午前2時に乗客に対し「ここで降りて近くの駅まで歩いてください」と車内アナウンスがあり、大勢の乗客が電車から降りたということです。

女性は数十分かけて、雪が積もるレールの間を歩いて山科駅に向かいました。

山科駅では休息できるようJRが用意した列車が停車していましたが満席で利用できず、女性は駅の近くの市が設置した施設で休息を取ったということです。

女性は「大勢の乗客が一度に列車から降りたので混雑し、なかなか山科駅にたどりつかず、とても寒かったです。雪で滑って転んでしまいました。とても疲れたので、きょうの仕事は休みたいと思います」と話していました。

7時間閉じ込めの男性「トイレ行く人増え後部車両に人が集中」

滋賀県に住む32歳の男性は24日京都駅で乗り込んだ湖西線の電車が定刻より遅れて午後7時20分ごろに出発したあと山科駅の手前で停車して動かなくなりおよそ7時間後の25日午前2時半ごろまで電車内に閉じ込められたということです。

当時の電車内の状況について男性は「最初の2時間から3時間は皆さんは耐えている様子だったが、徐々にトイレに行く人が増えて、後部車両に集中した。かなり過密で、酸欠に近い状況となり、体調不良者が続出した。消防の担架で運ばれる人もいた」と話していました。

その後は、午前2時半ごろに車内から外に出て線路を歩き、JR山科駅に1時間ほどかけて到着し、ほかの人たちとともに市が開放した地下通路で過ごしたということです。

男性は「私自身早めの行動をしておけばこういうことにはならなかったと思うが7時間閉じ込められたという事実はあるので、JRはもう少し対策を取ることはできたのではないか」と話していました。

5時間車内から出られず 車掌が簡易トイレを

24日夜、JR京都線で5時間にわたって車内から出られなかったという40代の男性は、停車した列車内で乗客からトイレに行きたいという声が相次ぎ、車掌が簡易トイレを持ってきたと話していました。

男性によりますと、24日午後6時すぎ、仕事を終えて家に帰るためJR京都線で吹田駅から京都駅に向かっていましたが、京都駅に着く直前で列車が止まってしまい、午後11時すぎまで5時間にわたって車内から出られませんでした。

この間、車内の温度が下がって体調が悪くなる人や、トイレに行きたいという人が相次ぎ「早く駅まで動かしてくれ」とか「歩いて移動したいのでドアを開けてほしい」などと非常ボタンで訴えていました。

その後、車掌が袋型の簡易トイレを持ってきたということで「女性の乗客が1つの車両に集まって用を足したようだ」と話していました。

男性は「自分も我慢するのが限界で、空のペットボトルで用を足そうかとギリギリまで考えました。車掌を通じて要望しても、駅の係員は応えてくれず、絶望的な空気が車内を覆っていました」と話していました。

10時間停車の車内では食料など配布

JR京都駅周辺では嵯峨野線や奈良線も運転を見合わせています。

このうち20歳の男子大学生は、大学から帰宅するため24日午後5時ごろ京都駅で嵯峨野線の電車に乗車しましたが、12時間がたった午前5時の時点でも出発せず、京都駅のホームの電車内にとどまっているということです。

運転見合わせから10時間が経過した午前3時ごろにビスケットとペットボトルのお茶が配られたということでその画像をツイッターに投稿しました。

男子大学生は「京都駅で乗車して発車しないまま電車が動かなくなってしまい、立っていた人が少しずつ床に座り始めました。私も数時間は耐えましたが疲労と眠気が襲ってきてしゃがみこみました。きのうの昼から何も食べておらず空腹でビスケットはとてもうれしかったですがもう少し早く配ってくれたらよかったとは思います。いまは扉の隙間風が寒いです」と話していました。

西大路駅で降ろされた乗客 3時間半車内から出られず

24日午後10時ごろにJR京都線の新快速電車の中で乗客が撮影した映像です。シートに座っている乗客のほか、立ってスマートフォンなどを操作している乗客の姿が写っています。撮影した60代の男性によりますと電車は大阪から京都方面に向かっていたところ午後7時ごろに京都市南区の西大路駅の手前で停車し、およそ3時間半車内から出られない状況だったということです。

車内では「ポイント故障のため前の列車がつかえてしまって、これ以上進むことができない」とアナウンスがあり、乗客は疲れた様子だったということです。その後、電車は動き出し、西大路駅に到着したところですべての乗客に電車から降りるよう指示があったということです。

男性は「列車から長時間降りられず途方に暮れていました。滋賀県に住んでいるのできょう中に帰宅できるよう京都駅に急いで歩いて向かっています。雪の影響も心配ですが、私鉄などを利用して帰宅したいと思います」と話していました。

京都市“約5000人が駅周辺などで滞留余儀なく”

京都市によりますと、雪のためJRの列車が乗客を乗せたまま駅の間で動けない状態になった影響で
▽京都駅でおよそ2300人
▽山科駅でおよそ1750人
▽西大路駅でおよそ1200人の
あわせておよそ5000人が駅周辺などで滞留を余儀なくされたとしています。

JR山科駅では連絡通路を開放

京都市によりますと、JR西日本から琵琶湖線と湖西線が走る京都市山科区のJR山科駅の構内には1300人ほどがいて受け入れ先を求める連絡があったということです。

このため市は、市の施設で駅のほど近くにある生涯学習総合センター「アスニー山科」と、JR山科駅と市営地下鉄山科駅の連絡通路を開放しました。

滋賀 守山市と野洲市 駅近くに待機場所

大雪の影響でJR京都線と琵琶湖線が運転を見合わせて帰宅できなくなった人が多数出たことを受けて、滋賀県の守山市と野洲市は24日夜から待機場所を設けました。

このうち守山市は、JR守山駅から500メートルほどの場所にある市民の交流施設「あまが池プラザ」に待機場所を設け、一時40人余りが利用しました。

施設の利用者は、スマートフォンで交通情報を確認したり、配布された毛布をかけて休んだりしていました。

24日に仕事で守山市を訪れ、JRの運転見合わせで京都まで帰ることができなくなったという60代の男性は、「昨夜11時ごろ、駅でタクシーを待つ列に並んでいた時に、市の職員に声をかけられてここに来ました。市から配られたおにぎりやカップラーメンなどを食べてひと晩過ごしました」と話していました。

待機施設の利用者が全員移動を始めたため、25日午前10時すぎには閉鎖されたということです。

また、野洲市では、JR野洲駅のすぐ近くにある「野洲文化小劇場」を待機場所として提供し、市によりますと、一時200人以上が施設を利用したということです。