【随時更新】最強寒波 交通影響まとめ(高速道路 航空 鉄道)

この冬一番の非常に強い寒気の影響で、交通機関に影響が出ています。

JR西日本の列車立往生 雪を溶かす装置使わず

24日夜からの大雪の影響で立往生した列車に乗客が長時間、閉じ込められる事態となったことを受けて、JR西日本は25日午後3時から記者会見を開き、列車の立往生の経緯や乗客への対応について説明しました。

それによりますと、京都線や琵琶湖線などでは24日夜7時ごろ、京都府の向日町駅構内で線路のポイントが切り替わらなくなったのに続き、山科駅や京都駅の構内、あわせて21か所で切り替えができなくなりました。

この結果、あわせて15本の列車が動けなくなり、乗客が降りるまで、最大でおよそ10時間かかったということです。

JRでは、予想降雪量が10センチを超えた場合、線路のポイントの雪を溶かす装置を使うことにしていますが、京都駅周辺では8センチ程度の降雪を見込んでいたため、装置を使う準備をしていなかったということです。

実際には想定を上回る雪が急激に降った結果、ポイントに雪が挟まるなどして切り替えられなくなり、列車の立往生が発生したとしています。

また一時、およそ7000人が車内に閉じ込められたことについては、乗客を駅で降ろすためにポイントを復旧させる作業を優先したものの、想定以上に時間がかかったことが要因だとしています。

JR西日本近畿統括本部の三津野隆宏本部長は記者会見で、「多大なるご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます。夜中に雪が降る中で、お客様に列車から降りていただくことをちゅうちょし、降りてもらうと判断を下すまでに時間がかかった。判断のプロセスが正しかったか、検証していきたい」と述べました。

中日本高速道路社長「除雪作業など鋭意進めている」

中日本高速道路の小室俊二社長は25日、名古屋市の本社で記者会見し、多数の車が動けなくなっている新名神高速道路の状況について、「下り線の渋滞が延伸するのを防ぐことと、除雪を行うために通行止めを行った。お客様や地域の皆様には大変ご迷惑とご不便をおかけしました」と述べました。

そのうえで「通行止め区間の一刻も早い解除に向けて、関係機関と連携を図りながら、除雪作業などを鋭意進めている」と述べました。

また、小室社長は高速道路の利用者に向けて、冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行、雪道での確実なチェーンの装着などを呼びかけました。

国内 空の便 計485便欠航 26日も一部欠航予定【18:00現在】

大雪や強風の影響で、25日の国内の空の便は午後6時の時点で、日本海側の空港を発着する便を中心に、合わせて485便が欠航したり、欠航が決まったりしています。26日も一部の便で欠航が予定されています。

25日の欠航は、
▽日本航空が201便、
▽全日空が157便、
▽フジドリームエアラインズが36便、
▽ピーチ・アビエーションが33便、
▽エア・ドゥが14便、
▽アイベックスエアラインズが12便、
▽スカイマークが10便、
▽ソラシドエアが7便、
▽スターフライヤーが6便、
▽日本トランスオーシャン航空が5便、
それに▽ジェットスターが4便となっています。

26日は東北地方の空港を発着する便を中心に、
▽全日空が7便、
▽フジドリームエアラインズが4便、
▽日本航空も数便の欠航を決めています。

航空会社によっては、天候次第で欠航便が増える可能性があるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

鉄道 新幹線と在来線の運行状況【18:00現在】

JRによりますと、山形新幹線は雪の影響で福島駅と新庄駅の間の上下線で、25日は終日、運転をとりやめています。
東北新幹線と秋田新幹線の下り線の一部の列車に遅れが出ています。
東海道・山陽新幹線の一部の区間で速度を落として運転しているため遅れが出ています。

このほか、山陽新幹線の遅れの影響で九州新幹線の上下線で遅れが発生しています。

JR各社によりますと、26日はすべての新幹線で始発から通常運転の予定だということです。

在来線では、栃木県の日光線が日光駅と今市駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後1時ごろに運転を再開しました。

そのほかの首都圏の在来線、私鉄各線はおおむね平常通り運行されています。

新名神高速の立往生 復旧作業急ぐも解消のめど立たず

大雪の影響で新名神高速道路は、三重県から滋賀県方面に向かう下り線の一部の区間で多数の車が動けない立往生が起き、中日本高速道路が復旧作業を急いでいます。
しかし高速道路の本線は、除雪車による本格的な除雪作業に取りかかることができず、解消のめどはたっていません。

中日本高速道路は、菰野インターチェンジと甲賀土山インターチェンジ、それに、この間にあるパーキングエリアに隣接した鈴鹿スマートインターチェンジの3つの出口から少しずつ車を外に出しているということです。

しかし多くの車が動けない影響で、現場周辺の三重県亀山市や菰野町の基地に配備している除雪車が高速道路の本線に入ることができず、本格的な除雪作業に取りかかれていない状況だということです。

中日本高速道路は現在、3つの出口に向けて止まっている車の周りの雪をスコップでかき出すなど手作業で除雪していて、今後、ほかの基地からも除雪車を派遣して除雪作業を急ぐことにしていますが、立往生の解消のめどはたっていないということです。

JR西日本 ほとんどの区間で運転再開【16:45】

JR西日本は、大雪の影響で列車が立往生した京都線や琵琶湖線を含め、運転を見合わせていたほとんどの区間について、午後4時45分までに運転を再開しました。

一方、姫新線は佐用と上月駅の間で引き続き運転を見合わせています。
そのほか、一部の区間では運転本数を大幅に減らしているほか、遅れや運転取りやめが出ていて影響が続いています。

高速道路 各地の通行止め区間【16:30現在】

高速道路は雪や風の影響で午後4時半現在、近畿や中国地方、東北などの広い範囲で通行止めが相次いでいます。

主な路線は▽山形自動車道、▽常磐自動車道、▽名神高速道路、▽東名阪自動車道、▽京都縦貫自動車道、▽京奈和自動車道、▽京滋バイパス、▽山陽自動車道、▽米子自動車道、▽九州自動車道、▽大分自動車道、▽長崎自動車道などです。

また、新名神高速道路では三重県と滋賀県にまたがる一部の区間で、多数の車が動けなくなる立往生が起きています。

このほか名神高速道路と新名神高速道路の滋賀県から大阪府の区間では一時、40キロを超えるような渋滞となりました。

高速道路各社によりますと、今後も通行止めの路線が広がる可能性があるということで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

一方、国土交通省は雪の状況によっては除雪作業などのため高速道路と並行する国道の通行止めを行うとしています。

雪による影響が続いていて、不要不急の外出は控えるとともに、やむをえず車で出かける場合は最新の気象や道路の情報を確認し、冬用タイヤを装着し、チェーンを携行するなど備えを進めるよう呼びかけています。

鉄道 新幹線と在来線の運行状況【15:00現在】

JRによりますと、山形新幹線は雪の影響で、福島駅と新庄駅の間の上下線で、25日は終日、運転をとりやめます。

また、東北新幹線の上下線の一部と秋田新幹線の下り線の一部の列車に遅れが出ています。

それに東海道・山陽新幹線の一部の区間で速度を落として運転しているため、遅れが出ています。

在来線では
▽栃木県の日光線が日光駅と今市駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後1時ごろに運転を再開しました。
▽宇都宮線の上り線、
▽中央・総武線の千葉方面に向かう列車、
▽常磐線の上り線で一部に遅れが出ています。

そのほかの首都圏の在来線、私鉄各線は、おおむね平常通り運行されています。

立往生に巻き込まれたドライバーたちは…

新名神高速道路の三重県の鈴鹿パーキングエリアで、10時間以上動けないままになっている20代のトラック運転手の女性がNHKの電話インタビューに応じました。

千葉から兵庫まで荷物を運ぶ予定だったという女性は、25日午前1時に新名神高速道路の鈴鹿パーキングエリアに到着し、それから10時間以上雪のため動けなくなっているとということです。

午後2時半ごろに女性が撮影した動画では、ひざの高さほどまで雪が積もる中、パーキングエリアが多くのトラックでいっぱいになっている様子が確認できます。

女性によりますと、パーキングエリアの駐車エリア以外の場所にも止まっているトラックがあるということです。

また、本線で立ち往生しているトラックなどのドライバーが車を置いてパーキングエリアまで歩いてきている様子も見られたということです。

女性が撮影した写真では、パーキングエリア内のコンビニエンスストアのパンやおにぎり、それに弁当などが品薄になっているのが確認できます。
女性は、「復旧の見通しが立たない中で、寒さをしのぐためにエンジンをつけているので、ガソリンがなくならないか不安です。早く動けるようになってほしいです。パーキングエリアに入ることができたドライバーはまだいいですが、本線上で待機しているドライバーたちに支援物資が届いているか心配です」と話していました。

一方、運送を終えて静岡市から京都府八幡市へ戻る途中だったトラック運転手の男性は、新名神高速道路の鈴鹿パーキングエリアからおよそ1キロ進んだ地点で立往生に巻き込まれたといいます。

周辺では25日午前2時すぎから10時間以上、全く車が動いていないということです。

午前2時ごろは、雪は道路にうっすらと積もる程度だったということですが、男性が午後2時ごろに前方を撮影した写真では、何台ものトラックが止まっていてタイヤの下半分が埋まるほど雪が積もっていました。

男性は、「寒いですが、エンジンをつけたり切ったりして、燃料を節約しています。トイレが一番困っていて、なるべくトイレにいかないよう飲食は最低限にしています。近くのパーキングエリアを目指して高速道路を歩いている人もいます」と話していました。

立往生が解消するめどなどの情報は全くないということで、男性は、前方にいるドライバーがツイッターで発信する情報を確認しているということです。

男性は、「ここまでの立往生になるとは思っていなかったです。道路を管理する会社に問い合わせをしましたが、状況を把握しておらず情報が全くない状態です。1分でも早く動き出してほしいです」と話していました。

新名神高速 複数の区間で立往生

大雪の影響で、新名神高速道路では三重県と滋賀県にまたがる一部の区間で多数の車が動けなくなる立往生が起きています。

中日本高速道路によりますと、立往生が起きているのは新名神高速道路の三重県菰野町の菰野インターチェンジと滋賀県甲賀市の甲賀土山インターチェンジの間の一部の区間です。

新名神高速道路では、24日から降り続く大雪の影響で三重県内の複数の区間で断続的に渋滞が発生し、中日本高速道路は25日午前3時50分に、三重県四日市市の四日市ジャンクションと亀山市の亀山西ジャンクションの間の上下線と、亀山ジャンクションと滋賀県甲賀市の甲賀土山インターチェンジの間の下り線を通行止めにしました。

これを受けて、中日本高速道路では、これらの区間を走っていた車に最寄りの出口で降りるよう呼びかけましたが、一部の区間で渋滞が解消せず、多数の車が動けなくなり、いわゆる立往生の状態に陥ったということです。

警察によりますと、下り線は菰野インターチェンジの手前2キロほどの地点から、滋賀方面に向けて複数か所で、断続的に多数の車がほぼ動けなくなっているということです。

昼前の時点で、距離は合わせて10キロほどとみられましたが、午後2時の時点ではわからないとしています。
中日本高速道路は、ドライバーに食料や水、携帯トイレなどの救援物資を配るとともに、周辺の出口や道路の除雪作業を急いでいます。

今回の事態について中日本高速道路では、積雪が増えたことで走行しにくい状況が続いたうえ、下り線の進行方向の関西方面で長距離の渋滞が起きたことも影響した可能性があるとしています。

国内 空の便 計479便が欠航または欠航決定【15:00現在】

国内の空の便は、25日午後3時の時点で日本海側の空港を発着する便を中心に、合わせて479便が欠航したり欠航が決まったりしています。

このうち
▽日本航空が201便、
▽全日空が155便、
▽フジドリームエアラインズが36便、
▽ピーチ・アビエーションが29便、
▽エア・ドゥが14便、
▽アイベックスエアラインズが12便、
▽スカイマークが10便、
▽ソラシドエアが7便、
▽スターフライヤーが6便、
▽日本トランスオーシャン航空が5便、
▽ジェットスターが4便となっています。

また26日は
▽全日空が6便、
▽フジドリームエアラインズが4便の欠航を決めています。

航空会社によっては、欠航便が今後さらに増える可能性があるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

中部空港 除雪作業が完了 滑走路の運用再開【11:00】

中部空港会社によりますと、中部空港では除雪作業のため午前9時ごろから滑走路を閉鎖していましたが、作業が完了し、午前11時に運用を再開したといういうことです。

新名神高速道路などで渋滞 多数の車動けず

NEXCO西日本によりますと午前9時半現在、
「名神高速道路」下り線は、
京都府の大山崎ICと滋賀県大津市の瀬田東ICの間の47キロ、
接続する「新名神高速道路」下り線は、
滋賀県草津市の草津JCTと滋賀県甲賀市の甲賀土山ICの間の30キロが渋滞となっています。

渋滞は24日午後5時ごろから断続的に発生していて、NEXCO西日本は、雪の影響で、京滋バイパスや京都縦貫道が通行止めになり、名神高速道路と新名神高速道路に車が集中したことが大きな原因だとしています。

また、「車はゆっくりと動いていて立往生している車はないと考えている。渋滞解消には、まだしばらく時間がかかる見通しだ」としています。

新名神高速道路の甲南ICの近くで渋滞に巻き込まれている60代の男性によりますと、25日午前0時ごろから、9時間近く車が全く動かなくなったということです。

午前9時ごろに、ようやく数百メートル動いたものの、午前10時の時点では再び動かなくなってしまっているということです。

男性は、「燃料が半分になってしまい、エンジンを止めているのでとても寒い。食料や飲料の提供はまったくなく、どのくらい渋滞が続くのかもわからない。今はとにかく情報が欲しい」と話していました。

新幹線と在来線の運行状況【11:00現在】

JRのホームページによりますと、山形新幹線は雪の影響で福島駅と新庄駅の間の上下線で25日は終日、運転をとりやめます。

また、
▽東北新幹線と上越新幹線の上下線、
▽秋田新幹線と北陸新幹線の下り線、
それに
▽東海道・山陽新幹線の一部の区間で遅れがでているということです。

在来線では
▽栃木県の日光線が日光駅と今市駅の間の上下線で運転を見合わせています。
▽宇都宮線と横須賀線が強風の影響で、一部の列車に遅れがでています。
そのほかの首都圏の在来線、私鉄各線はおおむね平常通り運行されています。

国内 空の便 計397便が欠航または欠航決定【11:00現在】

国内の空の便は、午前11時の時点で日本海側の空港を発着する便を中心に、合わせて397便が欠航したり、欠航が決まったりしています。

このうち
▽日本航空が177便、
▽全日空が111便、
▽フジドリームエアラインズが36便、
▽ピーチ・アビエーションが17便、
▽エア・ドゥが14便、
▽アイベックスエアラインズが12便、
▽スカイマークが10便、
▽スターフライヤーが6便、
▽日本トランスオーシャン航空とソラシドエアがそれぞれ5便、
▽ジェットスターが4便となっています。

欠航便は、今後さらに増える可能性があるとして、航空各社はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

高速道路 各地の通行止め区間【10:00現在】

午前10時現在、高速道路は東北から九州にかけて広い範囲で通行止めの区間が相次います。

通行止めの主な路線は
▽山形自動車道、▽常磐自動車道、▽名神高速道路、▽新名神高速道路、
▽東名阪自動車道、▽京都縦貫自動車道▽京奈和自動車道、
▽京滋バイパス、▽中国自動車道、▽米子自動車道、▽松山自動車道、
▽九州自動車道、▽大分自動車道、▽長崎自動車道などです。

また、名神高速道路と新名神高速道路の通行止めにしていない滋賀県から大阪府の区間では、24日夕方ごろから激しい渋滞が続いています。

25日午前10時現在、
名神高速道路は
▽上り線で大津市の瀬田東インターチェンジ付近を先頭に47キロ、
▽下り線で京都南インターチェンジ付近を先頭に43キロ、
新名神高速道路は
▽下り線で滋賀県の金勝山トンネル付近を先頭に23キロなどとなっています。

周辺の高速道路の通行止めの影響で多くの車両が流れ込んだのが渋滞の原因だということで、西日本高速道路は通行止めや渋滞解消に向けて除雪作業などを進めていますが、メドは立っていないということです。

高速道路各社によりますと今後、通行止めの路線が広がる可能性があるということで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

国土交通省は雪の状況によっては、除雪作業などのため高速道路と並行する国道の通行止めを行うとしています。

大雪が予想される時間帯は不要不急の外出は控えるとともに、やむをえず車で出かける場合は最新の気象や道路の情報を確認し、冬用タイヤを装着し、チェーンを携行するなど備えを進めるよう呼びかけています。

国内 空の便の状況【10:00現在】

国内の空の便は午前10時の時点で、
秋田や青森、新潟など日本海側の空港を発着する便を中心に
▽日本航空が177便、
▽全日空が111便の欠航が決まっています。

25日はさらに、
▽フジドリームエアラインズで36便、
▽ピーチ・アビエーションで17便、
▽エア・ドゥで14便などで欠航が決まっているほか、
このほかの航空会社でも欠航便が出ています。

欠航便は今後、さらに増える可能性があるとして、航空各社はホームページなどで、最新の情報を確認するよう呼びかけています。

新幹線の運行状況【10:00現在】

JRのホームページによりますと、山形新幹線は雪の影響で福島駅と新庄駅の間の上下線で25日は終日、運転をとりやめます。

また、
▽東北新幹線と上越新幹線の上下線、
▽秋田新幹線と北陸新幹線の下り線、
それに
▽東海道・山陽新幹線の一部の区間で遅れがでているということです。

JR日光線 今市~日光 運転見合わせ【09:30現在】

26日午前7時ごろ、JR日光線の宇都宮発日光行きの3両編成の列車が、今市駅と日光駅の間で、車輪が空回りして動けなくなるトラブルが起きました。

JR東日本によりますと、列車にはおよそ15人の乗客が乗っていましたが、けがなどはなく、列車から降りてタクシーで近くの駅に輸送されたということです。

現場は、JR日光駅の2キロほど手前で平行して走る国道119号の道路から6mほど高くなっている場所です。

JRでは線路に積もった雪で車輪が空回りする「空転」が起きたとみて状況を調べています。このトラブルの影響でJR日光線は、午前9時半現在、今市駅と日光駅の間の上下線で運転を見合わせています。運転再開の見通しは立っていないということです。

上越新幹線 運転再開

JR東日本のホームページによりますと、上越新幹線はポイント点検の影響で新潟駅と東京駅の間の上り線で運転を見合わせていましたが、午前7時9分ごろ運転を再開しました。

山形新幹線 福島~新庄で終日 運転とりやめ

また、山形新幹線は雪の影響で福島駅と新庄駅の間の上下線で25日終日の運転のとりやめを決めています。

このほか東北新幹線は一部の列車が運休するほか、東海道・山陽新幹線は一部の区間で速度を落として運行しているため遅れがでているということです。

首都圏の鉄道情報(08:30時点)

また、在来線では栃木県の日光線が日光駅と今市駅の間の上下線で運転を見合わせています。

両毛線は群馬県の前橋駅と駒形駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前7時52分ごろに運転を再開しました。

そのほかの首都圏の在来線は始発からおおむね平常通り運行されています。

私鉄では東急世田谷線が車両故障の影響で始発から全線で運転を見合わせていましたが、午前6時半ごろ全線で運転を再開しました。

このほかの私鉄各線はおおむね平常通り運行されています。

関西の鉄道の運転取りやめ【08:00現在】

関西の鉄道は午前8時現在、一部に雪の影響が出ています。

JR西日本によりますと、京阪神地区を発着する特急列車の「サンダーバード」、「しらさぎ」、「きのさき」、「はしだて」、「まいづる」、「こうのとり」、「スーパーはくと」、「はまかぜ」、「サンライズ瀬戸・出雲」は一部、運転を取りやめます。

京阪神地区を発着するJRの在来線は、
加古川線は西脇市駅と谷川駅の間で下りの始発列車が、
播但線は寺前駅と和田山駅の間で午前11時ごろまで、
舞鶴線は綾部駅と東舞鶴駅の間で午前10時ごろまで、
運転を取りやめることが決まっています。

山陰線は、園部駅と福知山駅の間で午前10時ごろまで、
福知山駅と城崎温泉駅の間で午前9時ごろまで、
城崎温泉駅と浜坂駅の間で正午ごろまで、
浜坂駅と東浜駅の間では終日、運転を取りやめます。

関西の鉄道の運転見合わせ【08:00現在・JR】

北陸線の敦賀駅と長浜駅の間、
琵琶湖線の長浜駅と京都駅の間、
湖西線の近江塩津駅と近江今津駅の間、
京都線の京都駅と大阪駅の間、
神戸線の大阪駅と姫路駅の間、
山陽線の姫路駅と上郡駅の間、
赤穂線の相生駅と播州赤穂駅の間、
学研都市線の木津駅と京橋駅の間、
東西線の京橋駅と尼崎駅の間、
福知山線の尼崎駅と篠山口駅の間、
大和路線の加茂駅とJR難波駅の間、
関西線の亀山駅と加茂駅の間、
阪和線の天王寺駅と和歌山駅の間、
きのくに線の周参見駅と新宮駅の間、
関西空港線の日根野駅と関西空港駅の間、
草津線の草津駅と柘植駅の間、
奈良線の京都駅と奈良駅の間、
嵯峨野線の京都駅と園部駅の間、
姫新線の姫路駅と上月駅の間、
おおさか東線の新大阪駅と久宝寺駅の間、
和歌山線の五条駅と和歌山駅の間、
播但線の姫路駅と寺前駅の間では現在、運転を見合わせていて、安全確認ができ次第、順次運転を再開することにしています。

関西の鉄道の運転見合わせ【08:00現在・私鉄】

南海電鉄によりますと、南海本線の羽倉崎駅と和歌山市駅の間多奈川線のみさき公園駅と多奈川駅の間、加太線の和歌山市駅と加太駅の間、和歌山港線の和歌山市駅と和歌山港駅の間、高野線の高野下駅と高野山駅の間で運転を見合わせています。

山陽電車によりますと、山陽電車本線と網干線の全線で運転を見合わせています。

近江鉄道によりますと、始発から全線で運転を見合わせています。

【高速道路】各地の通行止め区間(25日 06:00)

高速道路は雪や風の影響で東北から九州にかけて広い範囲で通行止めの区間が相次いでいます。

午前6時現在で通行止めの区間がある主な路線は以下の通りです。

▽山形自動車道、
▽常磐自動車道、
▽中央自動車道、
▽上信越自動車道、
▽名神高速道路
▽新名神高速道路、
▽京奈和自動車道、
▽中国自動車道、
▽米子自動車道、
▽松山自動車道、
▽九州自動車道、
▽大分自動車道、
▽長崎自動車道などです。

高速道路各社によりますと今後、通行止めの路線が広がる可能性があるということで最新の情報を確認するよう呼びかけています。
このほか、国土交通省は雪の状況によっては除雪作業などのため高速道路と並行する国道の通行止めを行うとしています。

大雪が予想される時間帯は不要不急の外出は控えるとともに、やむをえず車で出かける場合は最新の気象や道路の情報を確認し、冬用タイヤを装着し、チェーンを携行するなど備えを進めるよう呼びかけています。

「東京湾フェリー」25日は運航再開

神奈川県横須賀市の久里浜と千葉県富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は24日夕方から運航を見合わせていましたが、海上の状況が回復したとして午前6時20分に久里浜を出港する便から運航を再開しました。

【国内 空の便】 25日も朝から欠航(25日 06:00)

大雪や強風の影響で国内の空の便は、午前6時の時点で秋田や青森、新潟など日本海側の空港を発着する便を中心に日本航空が151便、全日空が85便の欠航が決まっています。

このほか、25日はフジドリームエアラインズ、アイベックスエアラインズ、エア・ドゥ、日本トランスオーシャン航空で欠航便が決まっています。

欠航便は今後さらに増える可能性があるとして、航空各社はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

北陸本線 最大で10時間以上の遅れ 一夜を明かした乗客も

JR北陸本線は24日昨夜から25日朝にかけて最大で10時間以上の遅れが出ていて、列車の中で一夜を明かした乗客もいました。

JR西日本によりますと、福井県内では強風や雪のため24日夜、北陸本線が運転を見合わせ、すでに出発していた列車は途中の駅で停車を繰り返しました。このため、特急列車などに最大で10時間以上の遅れが出ていて、列車の中で一夜を明かした乗客もいました。JR西日本は状況に応じて乗客に軽食などを提供したということです。

JR福井駅では24日午後5時半すぎに到着するはずだった特急「サンダーバード」が25日朝4時半ごろに到着し、改札から出てきた乗客は疲れた表情を浮かべていました。

家族で福井県のあわら温泉に向かう予定だった大阪の30代の女性は「車内は停電にはなりませんでしたが、足元が冷えてつらく、周りの人たちと一緒にただ耐えるだけの時間でした。宿にも泊まれなかったので、福井に着いたものの、これからどうしようと思っています」と話していました。

京都で受験に臨んでいたという福井市内の高校3年の男子生徒は「長い間、車内で座っていたので少し腰が痛いです。親ともやりとりしましたが、心配している様子でした。少し休んでこれから学校に行きます」と話していました。

JR北陸本線は今もダイヤが乱れていて、これまでに北陸と大阪や名古屋などを結ぶ特急列車のうち上下合わせて34本の運転取りやめが決まっています。

JR京都線 琵琶湖線 雪で乗客乗せたまま動けず(02:00時点)

24日夜、京都府向日市のJR京都線の線路で、雪の影響でポイントが切り替わらなくなり、午後8時ごろから運転の見合わせが続いています。琵琶湖線も雪の影響で運転を見合わせていて駅の間では現在も15本の電車が乗客を乗せたまま動けなくなっているということです。

JR西日本によりますと、京都府向日市にある京都線の向日町駅付近の線路で、雪の影響で線路のポイントが切り替わらなくなり、京都線は24日午後8時ごろから全線で運転の見合わせが続いています。また、雪の影響で、京都と滋賀を結ぶ湖西線は全線で琵琶湖線は一部の区間で運転を見合わせています。いずれも運転再開のめどは立っていないということです。

京都線と琵琶湖線の駅の間では現在(午前2時現在)もあわせて15本の電車が多くの乗客を乗せたまま動けなくなっているということです。

これらの電車では少なくとも2本で乗客を線路に降ろして最寄りの駅まで移動してもらったほか、体調不良を訴えた人も複数いるということです。

また、兵庫県内を走る山陽線でも電車が動けなくなり、乗客を線路に降ろしたということです。