北海道新幹線 当初の計画より4割近く 6400億円余増加の見込み

2030年度末の開業を目指している北海道新幹線の新函館北斗と札幌の区間の整備について、国土交通省の有識者会議は、資材価格の高騰などを理由に、事業費が当初の計画より4割近く、金額にして6400億円余り増加する見込みだと明らかにしました。

国土交通省の有識者会議は、この区間で工事を始めたあとに生じた経済情勢の変化などが事業費に及ぼす影響について、精査を進めていましたが、7日に報告書を取りまとめ、公表しました。

それによりますと、
▽資材価格の高騰に加えて、
▽緩い地盤の補強工事や、トンネルの掘削で発生した土の処理などで、
コストが膨らむことなどを考慮した結果、事業費は、これまでの計画よりも6450億円程度増加する見込みだということです。

この試算に基づくと、総事業費は当初の計画より4割近く増え、2兆3000億円を超える規模に膨らみます。

さらに、資材価格などが0.1%変化するごとに、総事業費は70億円程度影響を受けるとしています。

国土交通省は今後、北海道や札幌市など地元自治体の負担の在り方などについて、関係者と協議を進めるということです。

また、一部の工区で3年から4年の工事の遅れが出ていることから、今後、トンネルの掘削を2方向から実施するなどして、遅れをできるだけ解消したいとしています。

国土交通省鉄道局の中野智行参事官は「工事の遅れなどは非常に厳しい状況だが、まだ相当の事業期間が残っているので、現時点で工期を見通すことは難しい」と述べました。