立民 泉代表 “首相は秋葉復興相更迭を早く決断すべき”と強調

政治とカネの問題などが相次いで指摘されている秋葉復興大臣について、立憲民主党の泉代表は、「復興行政も滞り、政治家や大臣としての信頼は失われている」と述べ、岸田総理大臣は更迭を早く決断すべきだと強調しました。

秋葉復興大臣をめぐっては、公設秘書が、去年の衆議院選挙の際、報酬を受け取ったうえで選挙運動を行っていたと報じられているほか、25日の衆議院予算委員会では、自身の次男がたすきをかけて街頭に立っていたことを認めるなど、公職選挙法違反の疑いがあると指摘されています。

また、旧統一教会の関連団体との接点も指摘されています。

立憲民主党の泉代表は、訪問先の福島県南会津町で記者団に対し、「秋葉大臣は即刻辞任すべきだ。本来、秋葉大臣も福島県に視察に行く予定だったのがキャンセルになり、復興行政が滞っている。復興をスムーズに進めていくために大臣は交代すべきだ」と述べました。

そのうえで、「きのうの予算委員会でのやり取りで説明責任を果たしたと思っている岸田総理大臣は、感覚がまひしているか、感覚が壊れてしまっているのではないか。秋葉大臣は、政治家や大臣としての信頼は失われおり、岸田総理大臣は、決断を早くするべきだ」と述べ、岸田総理大臣は更迭を早く決断すべきだと強調しました。