路上で催涙スプレーか 男女5人病院に搬送 名古屋市中区

26日朝、名古屋市中心部の路上で催涙スプレーのようなものがまかれ、タクシーの運転手など男女5人が目の痛みなどを訴えて病院に搬送されました。いずれも症状は軽いということですが、警察はもめ事が起きて催涙スプレーのようなものがまかれたとみて、現場にいた関係者数人から事情を聞くなどして詳しいいきさつを調べています。

26日午前7時半すぎ、名古屋市中区錦3丁目の路上で「催涙スプレーのようなものがまかれて、体調が悪くなった」などとタクシーの運転手から警察に通報がありました。

消防が現場に駆けつけたところ、タクシーの運転手など20代から30代の男女合わせて5人が目の痛みなどを訴えていて、病院に搬送されましたが、症状はいずれも軽いということです。

消防によりますと、搬送された男性が「顔を殴られた」などと話しているということで、警察はもめ事が起きて催涙スプレーのようなものがまかれたとみて、現場にいた関係者数人から事情を聞くなどして詳しいいきさつを調べています。