円相場 小幅に値上がり 欧米の利上げペース緩むとの見方から

25日の東京外国為替市場は、欧米の中央銀行が続けている利上げのペースが、今後緩むのではないかという見方から、円相場は小幅に値上がりしました。

▽午後5時時点の円相場は、24日と比べて19銭円高ドル安の1ドル=138円78銭~81銭となっています。

▽ユーロに対しては、24日と比べて29銭円高ユーロ安の1ユーロ=144円47銭~51銭となっています。

▽ユーロはドルに対して、1ユーロ=1.0409~10ドルでした。

市場関係者は「ヨーロッパ中央銀行が公表した、10月に開いた会合の議事要旨で、利上げのペースの鈍化を求める意見が一部で出ていたことが明らかになった。ヨーロッパでも利上げのペースが、今後緩むのではないかという見方が出て円を買い戻す動きにつながった」と話しています。