滑走路で「ばらもん凧」揚げる大会 長崎 五島

空港からあがったのは、航空機ではなく「たこ」でした。
長崎県五島市の空港で滑走路を利用して「ばらもん凧」を揚げる大会が開かれました。

ばらもん凧は、NHKで放送中の連続テレビ小説「舞い上がれ!」でヒロインが空への憧れを抱くきっかけとして登場する五島独特のたこです。

ふだん一般の人たちが入ることができない五島市の福江空港の滑走路を利用して、ばらもん凧を揚げる大会が23日に開かれ、愛好家や家族連れなどおよそ150人が参加しました。
参加者は、思い思いの絵や健やかな成長を願って子どもの名前を描いたたこを持ち寄り、広い滑走路で伸び伸びと、たこ揚げを楽しんでいました。

参加した男性は「孫たちが元気にたくましく育ってほしいと願いながら、揚げました」と話していました。

また、観光客の女性は「風に乗ってぐんぐん引っ張られるように高く揚がりました。すごい体験をさせてもらいました」と話していました。