岸田首相 安倍元首相の生前の活動紹介する写真展へ

岸田総理大臣は24日夜、安倍元総理大臣の生前の活動を紹介する写真展を訪れ、「『総理として頑張れ』と励ましてもらったような気がした」と振り返りました。

東京 港区の東京タワーで開催されている写真展の会場には、およそ150点の写真が並べられていて、岸田総理大臣は、安倍元総理大臣と、当時外務大臣を務めていたみずからが談笑する様子を収めた写真の前で足を止め、ほほえみながら眺めていました。

また、アメリカのオバマ元大統領が在任中に広島を訪問し原爆ドームを訪れた際の写真や、昭恵夫人の手を取って政府専用機に乗り込む写真などを見て回り、当時の様子をしのびました。
岸田総理大臣は記者団に対し「政治家として大きな足跡、業績を残した方だったが、人として大変魅力的な人物だったと感じた。何となく安倍元総理大臣と対話しているような気持ちになり、『総理として頑張れ』と励ましてもらったような気がした。本当に懐かしい、気持ちの温まるひとときを過ごせた」と振り返りました。