日本ハム移籍 伏見 入団会見「自分のプレーをして貢献したい」

プロ野球、オリックスからFA=フリーエージェントの権利を行使して、日本ハムに移籍したキャッチャーの伏見寅威選手が入団会見に臨み、「自分のプレーをして、チームに貢献したい」と意気込みを示しました。

32歳の伏見選手は北海道千歳市の出身で、キャッチャーとして巧みなリードを見せ、打席では勝負強いバッティングが持ち味です。

伏見選手は、FAの権利を行使してオリックスから日本ハムに移籍し、24日、札幌市内のホテルで、新庄剛志監督も同席した入団会見に臨みました。

会見で、伏見選手は「FA宣言してからすぐにファイターズから連絡をもらって、熱意を感じたし、必要とされているという思いが伝わったので入団を決意した」と移籍を決めた理由を明かしました。

そのうえで、「自分のプレーをしてチームに貢献できるように頑張っていきたい。とにかくわくわくしているし、ファンの方も期待してくれていると思うのでみんなで北海道を盛り上げていきたい」と意気込みを示しました。
新庄監督は「印象に残っているのが対戦した時に、1試合に4つ盗塁を刺され、このキャッチャーはすごいと思った。元気がよく、後輩を育てると聞いているので、1年目からどんどん引っ張ってほしい」と期待していました。