大相撲九州場所12日目 1敗の豊昇龍敗れ 3人が2敗で並ぶ

大相撲九州場所は12日目、1敗で単独トップだった関脇・豊昇龍が2敗の王鵬に敗れ、高安を加えた3人が2敗で並びました。

中入り後の勝敗です。

▽琴勝峰に阿武咲は阿武咲が「寄り切り」。
阿武咲は勝ち越しです。

▽照強に碧山は碧山が「押し出し」。

▽千代翔馬に熱海富士は千代翔馬が「下手ひねり」

▽栃ノ心に隠岐の海は隠岐の海が「寄り切り」。

▽妙義龍に一山本は一山本が「押し出し」で勝ちました。

▽東龍に錦木は東龍が「上手投げ」。

▽平戸海に北勝富士は平戸海が「突き落とし」。

平戸海は幕内2場所目で初めて勝ち越しました。

▽隆の勝に宇良は隆の勝が「押し倒し」。

▽琴恵光に明生は琴恵光が「はたき込み」。

▽逸ノ城に宝富士は宝富士が「押し出し」。

▽竜電に高安は高安が「引き落とし」。
高安は2敗を守りました。

▽琴ノ若に輝は輝が「押し出し」。

▽若元春に翔猿は若元春が「押し出し」。

▽遠藤に玉鷲は遠藤が「引き落とし」で勝ちました。

▽大栄翔に翠富士は大栄翔が「寄り切り」。

▽豊昇龍に王鵬は王鵬が「はたき込み」で勝って2敗を守り、豊昇龍と並びました。

▽阿炎に若隆景は阿炎が「上手投げ」。
関脇の若隆景は6敗目で、2場所連続のふた桁勝利はなくなりました。

▽御嶽海に佐田の海は御嶽海が「押し出し」。

▽錦富士に大関・貴景勝は貴景勝が「押し出し」。

▽大関・正代に霧馬山は霧馬山が「寄り切り」。
霧馬山は勝ち越し、角番の正代は7敗目であとがなくなりました。

九州場所は12日目を終わって、2敗で関脇の豊昇龍、それに平幕の高安と王鵬の3人が並び、3敗で貴景勝、阿炎、輝の3人が追う展開となりました。

阿武咲「もっと早く勝ち越したかった」

▽琴勝峰に勝った阿武咲は、12日目での勝ち越しに「もっと早く勝ち越したかったが、それが実力。まだあるので、そこに集中したい」と気を引き締めました。

▽長崎県出身の平戸海は、物言いがつく一番となりましたが、北勝富士に勝ち、勝ち越しを決めました。
平戸海は「勝ち越せてよかった。落ち着いて取れていた。気持ちの面で切り替えられるようになったんだと思う」と答えていました。

▽高安は、三役経験者の竜電に、立ち合い厳しいかちあげで押し込んでからの引き落としで2敗を守り、「テンポよく攻められた。毎日変わらずに淡々と取り組むことができている。集中してやるべきことをやるだけだ」と落ち着いて答えていました。

▽平幕の輝は、琴ノ若に勝って3敗を守り「自分のペースで相撲を取れた」と話し、優勝争いに絡んでいることについては、「まだ全然意識していない」と冷静でした。

一方、
▽敗れた琴ノ若は「やることは変わらないので、しっかりと出し切っていきたい」と黒星を受け止めていました。

▽小結 大栄翔は、翠富士に勝って星を五分に戻し、「立ち合いはよくなかったが、我慢できてよかった。残り3日、しっかり自分の相撲を取れるように意識したい」と意気込んでいました。

▽2敗の王鵬は、1敗の関脇 豊昇龍を冷静にはたいて同期入門対決を制しました。
王鵬は「勝ちたい気持ちは誰に対してもあるが、気合いは自然と入った。小さい頃から夢見ていた上位の土俵で相撲を取れて、優勝に絡んでいけるのはすごくうれしい」と充実の表情でした。
白星を挙げたあと、土俵の上で表情が緩んでいたことについて聞かれると、「『よし』とは思ったが、土俵で表情が緩んだのは恥ずかしい。自分が憧れている力士像とは違うので」と少し気まずそうでした。

▽阿炎は、関脇 若隆景を破って3敗を守り、「しっかり上手も取れて、最後まで離さなかったのでよかった。集中しているからこその9番なので続けていきたい」と淡々と答えていました。

▽3敗の大関 貴景勝は、同じく3敗だった錦富士を退けて、「きのうの夜からしっかり準備した。あしたもまたしっかり準備して、あとはもうやるだけ」と表情を崩しませんでした。

▽小結 霧馬山は、大関 正代を相手に、速い攻めで寄り切り、勝ち越しを決めました。
霧馬山は「しっかり考えていったのでよかった。体はよく動いていると思う。残り3日間も自分の相撲を取りたい」と気合いを入れていました。