株価 東京市場 一時300円以上値上がり 幅広い銘柄に買い注文

祝日明けの24日の東京株式市場、アメリカの金融引き締めへの警戒感が和らいだことを受け、株価は値上がりしました。

▽日経平均株価、24日の終値は、22日の終値より267円35銭高い、2万8383円9銭。

▽東証株価指数=トピックスは、24.05上がって、2018.80。

▽一日の出来高は13億1110万株でした。

市場関係者は「アメリカの中央銀行にあたるFRBが今月開いた会合で、多くの参加者が利上げペースを近いうちに緩めることが適切だとする主張をしていたことが、23日に公開された議事録から明らかになり、景気減速への警戒感が和らいだ。このため、東京市場では幅広い銘柄に買い注文が出て、株価は一時300円以上値上がりした」と話しています。