【動画】「SL銀河」と秋田新幹線「こまち」が2ショットに 岩手

岩手県内の在来線で運行されている「SL銀河」と、秋田新幹線の「こまち」が並ぶ珍しいイベントが23日、JR盛岡駅で開かれ、鉄道ファンでにぎわいました。

このイベントは、鉄道の開業150年を記念して開かれました。

参加者を事前に募り、全国から鉄道ファンなどおよそ50人が集まりました。

在来線のホームでは、まずSL銀河に客車を連結する様子が公開され、JRの社員が作業の手順などを説明しました。

一方、別のホームには、ふだんは新幹線のホームにしか入らない「こまち」が止まっていて、客車を連結したSL銀河が隣の線に入り直してその真横に並びました。

2つの列車が並ぶのはめったに見られない姿で、参加した人たちは線路上に降りるなどして、写真や映像に収めていました。

群馬県から夫婦で訪れたという20代の男性は「現代にいながら昔も味わえてお得な気分です。とにかく夢中でカメラのシャッターを押しました」と話していました。

JR東日本盛岡営業統括センターの山田祐大さんは「多くのお客様に参加していただき、ありがたく思いました。これからも安全な乗り物として利用していただくため努力していきます」と話していました。

SL銀河は、今シーズンの運行を来月4日で終え、来年春にいったん運転を再開しますが、その後、引退することが決まっています。