阪和自動車道で7台関係の事故 1人死亡 2人けが 大阪 松原

24日朝、大阪 松原市の阪和自動車道の上り線でトラックや軽乗用車などあわせて7台が関係する事故があり、トラックを運転していた男性が死亡し、軽乗用車に乗っていた男女2人がけがをしました。警察が当時の状況を詳しく調べています。

警察によりますと24日午前8時20分ごろ、大阪 松原市の阪和自動車道の上り線でトラックが前方の車に追突するなどして、軽乗用車など合わせて7台が関係する事故がありました。

この事故でトラックを運転していた男性が病院に運ばれましたが、およそ2時間半後に死亡しました。

また、横転した軽乗用車に乗っていた男女2人が首や足の痛みを訴えて病院で治療を受けています。

現場は片側3車線で、警察によりますと当時、付近は渋滞しており、トラックが追い越し車線と真ん中の車線の間あたりで減速した車2台に追突するなどしたとみられるということです。

現場付近では、関係した車両が激しく壊れたり、横転したりしていました。

警察が事故当時の状況を詳しく調べています。

この事故の影響で阪和自動車道と南阪奈道路は一部の区間で3時間余り通行止めとなりました。