北朝鮮 キム総書記の妹 制裁検討の韓国に「怒りは一層大きく」

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏は、北朝鮮への追加の独自制裁を検討している韓国に反発する談話を発表し「制裁にしがみつけばわれわれの怒りは一層大きくなる」と強くけん制しました。

韓国外務省の報道官は22日の記者会見で、北朝鮮が核実験などの重大な挑発を行った場合、追加の独自制裁を科すことを検討していることを明らかにしました。

これについて北朝鮮のキム・ジョンウン総書記の妹、キム・ヨジョン氏は24日、談話を発表し「それほど制裁に愛着を感じるならば、1000回でもやってみるべきだ」と反発しました。

また、北朝鮮との対話を重視した、前のムン・ジェイン(文在寅)政権に言及し「当時はソウルがわれわれの標的ではなかった」と指摘し、アメリカとの連携を重視するユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領を名指しで批判しています。

そのうえで「アメリカと南が制裁・圧力にしがみつけば、われわれの敵がい心と怒りは一層大きくなり、みずからの首を絞めることになる」と強くけん制しています。

ヨジョン氏は22日もアメリカを非難する談話を出していて、韓国の専門家は米韓への対抗を理由としたさらなる挑発の可能性を指摘しています。

ヨジョン氏 ユン大統領を「大ばか」と呼ぶ 韓国「低俗な暴言」

北朝鮮のキム・ヨジョン氏は、24日に発表した談話で、韓国のユン・ソンニョル大統領を「大ばか」と呼んだほか、ユン政権を「アメリカの忠犬」や「野良犬」などとののしりました。

これに対して韓国統一省はコメントを発表し「低俗な暴言であり、初歩的な礼儀もわきまえていないことを嘆かわしく思う」と非難しました。

そのうえで「現在の朝鮮半島の緊張は北の相次ぐミサイル挑発などでもたらされたにもかかわらず、責任をわれわれに転嫁しようとする態度に対し、強い遺憾の意を表する」としています。

キム・ヨジョン氏は、ことし8月に発表した談話の中でもユン大統領について「人間として嫌いだ」としていて、ユン政権への対決姿勢を鮮明にしています。