ワールドカップ 大会5日目 日程と見どころ ブラジル初戦へ

サッカーワールドカップカタール大会は5日目、日本時間の24日から25日にかけて1次リーググループGとHの4試合が行われ、世界ランキング1位のブラジルがセルビアとの初戦に臨みます。

【グループG スイス 対 カメルーン】

グループGのスイス対カメルーンは、日本時間の24日午後7時から行われます。

世界15位のスイスは5大会連続12回目の出場で、最高成績はベスト8、ここ2大会はベスト16に進んでいます。

ヨーロッパ予選では世界6位のイタリアと同じグループでしたがキーパーのヤン・ゾマー選手を中心とした固い守りで、8試合を2失点に抑えて5勝3引き分けの成績でイタリアを抑えて本大会出場を決めました。

対する世界43位のカメルーンは2大会ぶり8回目の出場で1990年のイタリア大会のベスト8が最高の成績です。

今大会は現役時代に代表で歴代最多となる137試合に出場したリゴベール・ソング監督の采配が注目されています。

【グループH ウルグアイ 対 韓国】

グループHのウルグアイ対韓国は、日本時間の24日午後10時から行われます。

世界14位のウルグアイは4大会連続14回目の出場で2度の優勝経験があります。

攻撃の二枚看板として引っ張ってきたルイス・スアレス選手やエディソン・カバーニ選手ら経験豊富なベテランに加えて攻撃的ミッドフィルダーのフェデリコ・バルベルデ選手など次世代を担う若手の活躍が期待されます。

世界28位の韓国は10大会連続11回目とアジア勢最多の出場回数です。

世界最高峰のイングランドプレミアリーグで昨シーズン23ゴールをあげてアジア選手として初めて得点王に輝いたソン・フンミン選手を擁しています。

ストライカーのソン選手にいかにボールをつなげられるかが勝負の鍵を握ります。

【グループH ポルトガル 対 ガーナ】

同じくグループHのポルトガル対ガーナは、日本時間の25日午前1時から行われます。

世界9位のポルトガルは6大会連続8回目の出場で1966年のイングランド大会で3位に入ったのが最高で、前回大会では決勝トーナメント1回戦で敗退しました。

中心となるのは世界的なスーパースター、クリスチアーノ・ロナウド選手で今大会出場すれば史上最多に並ぶ5回目のワールドカップ出場となります。

エースストライカーのロナウド選手が今大会にどれだけ照準を合わせられるか注目が集まります。

一方のガーナは今大会の出場チームの中で最も低い世界61位で、2大会ぶり4回目の出場です。

2010年の南アフリカ大会でベスト8に入ったのが最高の成績で、日本代表の冨安健洋選手とチームメートのトーマス・パーティ選手を攻守の要に上位進出をねらいます。

【グループG ブラジル 対 セルビア】

グループGのブラジル対セルビアは、日本時間の25日午前4時から行われます。

世界1位のブラジルは22大会連続22回目の出場で、第1回大会から唯一、すべての大会に出場しているサッカー王国です。

過去に5回の優勝経験がありますが、ここ4大会は決勝まで進めておらず、絶対的エースのネイマール選手を中心に決勝進出、そして世界最多となる6回目の優勝を目指します。

対する世界21位のセルビアは2大会連続13回目の出場で、チーム屈指のストライカーのアレクサンダル・ミトロビッチ選手を中心とした高身長の前線からなる攻撃力で金星をねらいます。