北海道でアカウミガメ 1か月で20頭以上が網に 一体何が?

アカウミガメと聞くと南国の青い海を泳ぐ姿をイメージしていた私は10月に北海道の沖合でアカウミガメが漁の網にかかったという話を聞きました。しかも1頭ではありません。9月中旬からのおよそ1か月の間に20頭以上が網にかかったというのです。

一体何が起きているのか。

私は自分の目で確かめるため、10月中旬、情報を教えてくれた北海道登別市の漁師 橋本和也さんにお願いし、漁に同行させてもらいました。(札幌放送局カメラマン奥田悠)

※動画は4分24秒です。データ放送ではご覧になれません。

橋本さんは登別で34年間、漁業を営んでいます。

秋から冬にかけては登別の沖合およそ7キロで深さおよそ70mの海底に刺し網を仕掛け、アンコウやエイの一種であるカスベを取っています。

同行したこの日も、網をひきあげ始めるとカスベが数匹かかっていました。

そして1時間近くたったころ。

「カメだ」。

そういって橋本さんは網を指さしました。

船から海をのぞき込むと、全長1メートルほどのオスのアカウミガメが網にからまり水面に上がってきました。

体は白く、動いていません。

息継ぎをすることができず死んでしまったとみられます。

網をほどくため、船に引き上げようとしましたが、重みで網が自然にほどけ、アカウミガメはそのまま海に沈んでいきました。

橋本さんが登別沖でアカウミガメを見たのは今年が初めてです。

しかし9月の中旬から1か月の間に20頭以上が網にかかったといいます。
橋本和也さん「網を引き上げるたびに2、3頭。多いときには1日9頭が網にかかっていました。今まで見たことがなかったので、びっくりしました。かわいそうだなーと思って、助けてあげたいけど、死んでしまっているからどうすることもできなくて」。

漁業への被害も

港に帰ったあと、橋本さんが私に見せてくれたのは、使えなくなった網でした。
体の大きなアカウミガメに絡まってしまった網は切らざるを得ず、もう漁には使えません。

さらに、今年は10月中旬のカスベやアンコウの漁獲は例年の半分にも満たないといいます。

橋本さんは複雑な胸の内を話してくれました。

橋本和也さん「網にかかってしまえばカメは減ってしまうし、環境には良くない。ですが、やっぱり生活もあるので…」

「絶滅危惧種」アカウミガメなぜ北海道の海に?

そもそもアカウミガメは、どんな生き物なのでしょうか。

▽沖縄や屋久島、和歌山など茨城県から南の地域の海岸を産卵地としている。
▽海底にすむカニやウニなどのほか、クラゲをよく食べる。
▽深さ30mほどの潜水を繰り返しているが、100m以上の深い海に潜ることもある。

環境省のレッドリスト2020では「絶滅危惧種」に指定されています。

日本ウミガメ協議会によると、日本全国の産卵地でアカウミガメの上陸回数と産卵回数を毎年調査した結果、2013年以降はどちらも減少傾向が続いていて、個体数の減少が心配されています。

絶滅が危ぶまれるアカウミガメがなぜ北海道の海で網にかかったのでしょうか。

長年ウミガメ類の生態を研究する東京大学大気海洋研究所の佐藤克文教授に聞きました。

東京大学大気海洋研究所 佐藤克文教授

「おそらくアカウミガメの生息域がこれまでに比べて少しずつ北の方に伸びていった可能性が一番高いと考えています。これまでは餌があって取りに行きたいのはやまやまだけど、ちょっと冷たすぎた。その水温がちょっとずつあがってきて北海道にも行けるようになったら、そこに豊富に餌があったのでアカウミガメが集まってきたと想像しています」。

登別以外でもアカウミガメが網に…

さらに取材を進めると、登別以外でも同じ時期にアカウミガメが網にかかっていることがわかりました。

写真は10月中旬に函館の沖合で網にかかったアカウミガメです。
この写真を撮影したのは函館周辺の海で漁の網にかかるウミガメ類の調査を行っている北海道大学水産科学研究院の富安信助教です。

富安助教によると函館周辺の沖合では、夏から秋にかけてアカウミガメが漁の網にかかることはときどきあるということです。

しかし、登別のように一度に多くのアカウミガメが網にかかったことはこれまでに例がないと話します。

北海道大学水産科学研究院 富安信助教
「ウミガメは群れて泳ぎ回る生き物でもないので、いっぺんに同じようなところで混獲されるというのはかなり驚きです」。

多くのアカウミガメが登別に集まったのはなぜ?

富安助教は登別周辺の「海面水温」に注目しました。

これまでの調査から、夏にかけて海面水温が18度前後の暖かさになると、アカウミガメが北海道周辺の沖合にも来ることが確認されています。

私が漁に同行した10月13日の登別沖合の海面水温は、およそ18度。
冬が近づき、寒流の影響で海水温が低下し始めると夏を道東や日高沖で過ごしたアカウミガメが移動を始め、一部がまだ18度近い暖かな登別の沖合に集まってきたのではないかと富安助教は推測しています。

北海道大学水産科学研究院 富安信助教

「今後、海水温が上昇すると、ウミガメがもっと回遊しやすい環境が、北海道周辺でも広く形成されるようになると思うので、ウミガメに出会う漁業者や、ウミガメの数も多くなってくる。ウミガメを守るために漁業をやめてくれとは言えないので、漁業をやりながらもウミガメを守っていく方法を考える必要がある」。
海水温が下がった10月下旬以降、アカウミガメは網にかかっていません。

しかし、来年また海が暖かくなると同じように網にかかりアカウミガメが命を落としてしまうかもしれません。

漁師の橋本さんは、来年以降もアカウミガメが頻繁に網にかかる場合は、海水温が下がるまで網を入れる時期を遅らせることや、網の数を減らすなど対策を検討したいと話しています。

北海道沖合で起きた新たな異変、気候変動が私たちの身近でも起きていることを示す警告なのかもしれません。