東京 杉並区職員ら逮捕 住基ネットで閲覧した個人情報漏えいか

住民基本台帳ネットワークで閲覧した個人情報を外部に漏らしたとして、東京 杉並区の職員など2人が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、杉並区の職員、市川直央容疑者(32)と、知人で職業不詳の佐々木洋樹容疑者(34)の2人です。

警視庁によりますと、2人は共謀し、去年4月ごろとことし2月ごろ、杉並区役所にある住民基本台帳ネットワークの端末を操作し、いずれも都外に住む男性と女性の住所などの個人情報を閲覧して外部に漏らしたとして、住民基本台帳法違反の疑いが持たれています。

市川容疑者は当時、区民課の主事で、住基ネットにアクセスできる権限があり、佐々木容疑者から示された人物の情報を閲覧して伝えていたとみられるということです。

ことし2月、区役所への投書がきっかけで区が内部調査を行い、今回の事件が発覚したということです。

警視庁は、端末の検索履歴から、ことし2月までのおよそ1年の間に20人余りの情報を不正に閲覧したとみて調べるとともに、佐々木容疑者が暴力団関係者から依頼を受けていた可能性もあるとみて捜査しています。

警視庁は2人の認否を明らかにしていません。

職員が逮捕されたことについて、杉並区の岸本聡子区長は「個人情報の安全かつ適正な管理に重大な責任をもつ、基礎自治体の長として、大変重く受け止めなければならない。再発防止の徹底に全力で取り組むとともに、事実関係が明らかになった時点で厳正な処分を行っていく」とコメントしています。