2歳男児 マンションの敷地内で死亡 4階から転落か 大阪 豊中

5日午前、大阪 豊中市の集合住宅の敷地内で2歳の男の子が血を流して倒れているのが見つかり、病院で手当てを受けていましたがその後、死亡が確認されました。警察は、現場の状況などから4階から転落した可能性があるとみて調べています。

5日午前9時50分ごろ、大阪 豊中市長興寺北3丁目の集合住宅の敷地内で「子どもが血を流している。ぐったりした状態だ」と通りかかった人から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、男の子が倒れているのが見つかり病院に搬送されて手当てを受けていましたが、その後、死亡が確認されたということです。

警察によりますと、病院に搬送されたのは2歳の男の子で、集合住宅の4階で両親と3人で暮らしていて、当時、部屋には父親と2人でいたということです。

父親は、救急車の音がして部屋を見たら子どもの姿がなかったという趣旨の話をしているということです。

警察は、部屋の窓が開いていたことなどから、男の子が4階の部屋から転落した可能性があるとみて詳しく調べています。

現場は、阪急宝塚線の曽根駅から北東に1キロメートル余り離れた住宅街です。