金券ショップで100ドル紙幣100枚盗まれる 円安ドル高が背景か

27日夜、東京・新宿にある金券ショップでショーケースがハンマーのようなもので割られて、中にあった100ドル紙幣100枚などが盗まれました。円安が進みドルの価値が高まる中で紙幣がねらわれた可能性があり、警視庁が窃盗事件として捜査しています。

27日午後7時ごろ、東京・新宿区の金券ショップで「ガラスが割られ、ドルとユーロが盗まれた」と店員から警視庁に通報がありました。

警視庁によりますと、3分の2ほど閉じていた店のシャッターが開けられたうえで、ショーケースがハンマーのようなもので割られ、中から100ドル紙幣100枚とユーロ紙幣が盗まれたということです。

この店では金券やチケットの買い取り・販売のほか、外貨の両替なども行っていて、当時、店員2人が閉店作業をしていましたが物音に気づいた時にはすでに被害にあっていたということです。

店員にけがなどはありませんでした。

現場は新宿駅から近く、当時も多くの通行人がいましたが、何者かが人目に触れないようシャッターをブルーシートで覆い、店内に侵入したとみられ、防犯カメラには一部、その様子が写っていたということです。

円安が進みドルの価値が高まる中でドル紙幣がねらわれた可能性があり、警視庁が窃盗事件として捜査しています。