31日のハロウィーン 29日から渋谷駅周辺で警戒強化 警視庁

10月31日のハロウィーンを前に、警視庁は例年多くの人が訪れる東京 渋谷で29日から警戒を強化します。入国制限の緩和などにより混雑が予想されるとして、繁華街を中心に機動隊を配置しトラブルに備えることにしています。

東京 渋谷は例年、10月31日のハロウィーンで仮装した若者や外国人など大勢の人が集まり混雑していましたが、おととし以降は新型コロナウイルスの影響で人出が大幅に減少しました。

ことしは入国制限の緩和などにより人出の増加も見込まれる中、警視庁は週末から混雑が予想されるとして、29日の夜から渋谷駅周辺での警戒を強化します。

多くの人が行き交うスクランブル交差点やセンター街の周辺に機動隊を配置し、目に見える形で警戒を強化したうえでトラブルに備えることにしています。

また当日にかけ混雑が激しくなった場合は「DJポリス」と呼ばれる広報班が出動し、歩行者の誘導などを行うとともに周辺の車道を規制して歩行者に開放するなどの対応も検討しているということです。