ベニズワイガニのおいしい食べ方 園児が学ぶ 鳥取 境港

ベニズワイガニの水揚げ量が日本一の鳥取県境港市で、保育園の子どもたちがカニのおいしい食べ方を学びました。

この取り組みは、境港市の漁業者や飲食店などでつくる「境港ベニガニ有志の会」が子どもたちにベニズワイガニについて理解を深めてもらおうと市内の保育園や幼稚園で毎年行っています。

27日は、メンバーがカニのかぶり物をして「なかはま保育園」を訪れました。

最初に23人の園児に水揚げされたばかりのカニを見せた後、鍋でゆでたり、蒸したりする調理方法を実演しました。

そして、子どもたちはメンバーから足を折って殻から身を押し出す方法を教わると、上手に身を取り出して「おいしい」などと言いながら地元の特産品を味わっていました。
「境港ベニガニ有志の会」の濱野政和会長は、「とてもみずみずしくて甘みがあり、かにみそも豊富なベニズワイガニを知って、地元を深く愛するようになってほしいです」と話していました。