アメリカ 7月から9月GDP 年率+2.6% 3期ぶりプラスに

アメリカのことし7月から9月までのGDP=国内総生産の伸び率は年率に換算してプラス2.6%と、3期ぶりのプラスとなりました。

アメリカ商務省は27日、ことし7月から先月までのGDPの速報値を発表し、前の3か月と比べた実質の伸び率は年率に換算してプラス2.6%でした。

GDPは
▽ことし1月から3月がマイナス1.6%、
▽4月から6月がマイナス0.6%と
2期連続でマイナスとなっていましたが、今回、3期ぶりのプラスとなりました。アメリカ経済の底堅さが確認された形です。

GDPを押し上げたのは輸出が前の期の13.8%から14.4%に伸びたことや、政府支出が前の期のマイナス1.6%からプラス2.4%へと大きく増加に転じたことが主な要因です。

このうち輸出はこの時期の貿易赤字が一時的に減少したことが要因となっています。

GDPの多くを占める個人消費は前の期の2%から1.4%へと減速しました。

また住宅投資が17.8%からマイナス26.4%にマイナス幅が大きく拡大しました。

今回のGDPは輸出や政府支出に大きく支えられた形で、実際の経済の弱さを覆い隠しているとの指摘もあります。中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は記録的なインフレを抑え込むため大幅な利上げを続けており、今後、景気への悪影響がどれほど広がるのか、そしてFRBが利上げのペースをどのように判断するのかが焦点となります。