Jアラート誤発信 “過去の送信先情報消去されない不具合で”

磯崎官房副長官は記者会見で「Jアラートの自動送信をする際、過去の訓練による送信先の情報が本来、消去されるべきところ、オペレーターの画面では確認できないシステム上の不具合で消去されなかったことから、必要がなかった東京都の島しょ部9町村に送信されてしまったものだ」と述べました。

そのうえで「不具合の修正を取り急ぎ行っているところで、本日中には作業が終了する見込みだ」と述べました。