オウム真理教 松本元死刑囚の遺骨 国に引き渡し求め次女が提訴

オウム真理教元代表の麻原彰晃、本名 松本智津夫元死刑囚の遺骨の引き渡しを求めて、元死刑囚の次女が国に対する裁判を起こしました。
次女を遺骨の受取人とする審判が確定してから1年以上たつのに引き渡されないのは不当だと主張しています。

2018年に死刑が執行された松本智津夫元死刑囚の遺骨は、遺族の誰が引き取るか決まらないまま東京拘置所で保管されてきましたが、次女と四女がそれぞれ審判を申し立て、去年7月に次女を受取人とする決定が確定しました。

次女の弁護士によりますと、これを受けて国との間で遺骨の引き渡しに関する交渉を複数回行いましたが「次女の安全が脅かされるおそれがある」とか、「遺骨が宗教的に利用される可能性がある」などとして、法的な根拠がないのに1年以上たっても応じないため、引き渡しを求める訴えを3日までに東京地方裁判所に起こしたということです。

訴えにあたって次女は「父の遺骨を政治的にも宗教的にも利用されたくない。娘としてただ静かに悼み弔いたいと願っている」と話しているということです。

松本元死刑囚の遺骨を巡っては、公安当局が、オウム真理教から名前を変えた「アレフ」の信者などの崇拝の対象になりかねないと懸念していて、取り扱いが焦点となっています。

法務省「コメント差し控える」

法務省は「現時点では訴状の送達を受けておらず、コメントは差し控える」としています。