老舗和菓子店「船橋屋」社長が衝突事故の相手に暴言 辞任

東京の老舗和菓子店の社長が、交通事故を起こした際に相手に暴言を吐くなどした動画がSNS上で拡散し、会社が動画の内容は事実だと認めて謝罪するとともに、29日付けで辞任しました。

東京 江東区にある老舗の和菓子店「船橋屋」によりますと、先月24日、渡辺雅司社長の運転する車が、東京 千代田区の交差点で赤信号に気付かず直進し、右側から走ってきた車と衝突したということです。

SNS上では、事故のあと、社長が相手の車の運転手に暴言を吐くなどした動画が拡散し、会社が確認したところ、社長の言動はおおむね事実だったということです。

会社によりますと、警察に届け出たうえで相手に謝罪し示談と和解が成立していて、社長からは辞任の申し出があり、29日開かれた取締役会で受理されたということです。


「船橋屋」は、江戸時代から200年以上続く老舗で「社長の事故と言動は、会社としても到底容認できるものではないと考えています。多大なご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とコメントしています。