五輪汚職事件 元理事が大広幹部の依頼で契約締結を働きかけか

東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる汚職事件で27日、再逮捕された組織委員会の元理事が、贈賄の疑いで逮捕された広告会社・大広の幹部から依頼を受け、取引先のサービス系企業とスポンサー契約を結ぶよう組織委員会側に働きかけていた疑いがあることが関係者への取材で新たにわかりました。
大広は、この企業の契約業務を請け負うことで数千万円の報酬を得ていたということで、東京地検特捜部は謝礼として賄賂の1500万円が提供されたとみて調べているものとみられます。関係者によりますと、元理事は容疑を否認しているということです。

大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)は、広告会社・大広の執行役員、谷口義一容疑者(57)から東京大会のスポンサー契約業務を請け負えるよう依頼を受け、便宜を図ったことへの謝礼などとして、ことし2月までの3年間に、総額1500万円の賄賂を受け取ったとして受託収賄の疑いで、27日、東京地検特捜部に再逮捕されました。

関係者によりますと、元理事は谷口役員から大広の取引先のサービス系の企業が大会スポンサーとして組織委員会と契約を結べるよう後押しを依頼されていたということです。

元理事は、これを受けて、組織委員会側に早く契約を結ぶよう働きかけた疑いがあり、大広はこの企業の契約業務を請け負うことで数千万円の報酬を得たということです。

特捜部は大広が多額の報酬を得た謝礼として、谷口役員が賄賂の1500万円を提供したとみて捜査を進めているものとみられます。

特捜部は容疑者の認否を明らかにしていませんが、関係者によりますと、元理事は、「身に覚えがない」などとして否認しているということです。