ロッテ 佐々木朗希10勝ならず レギュラーシーズンは登板終了に

プロ野球 ロッテの佐々木朗希投手が、26日にソフトバンク戦に先発し、6回を投げて1失点、5つの三振を奪いましたが勝ち負けはつきませんでした。

佐々木投手は、9勝目をあげた今月14日の前回の登板はプロ入り後、もっとも少ない58球で降板しました。

首脳陣はこれまでの疲労を考慮し登板間隔をあけるため1軍の出場登録を抹消し、中11日でソフトバンク戦に登板しました。

プロ3年目で自身初となるふた桁勝利がかかるマウンドで佐々木投手は4回まで、最速160キロのストレートと切れ味鋭いフォークボールを軸にソフトバンク打線をヒット2本、無失点に抑えました。

しかし、5回に先頭の三森大貴選手にデッドボールを与えると、二盗、三盗と盗塁を決められ、1アウト三塁のピンチを招きます。
さらに3番 牧原大成選手からフォークボールで三振を奪いますが、これがワイルドピッチとなり、この回ノーヒットで1点を先制されました。

続く6回を三者凡退に抑えた佐々木投手はこの回でマウンドを降り、6回1失点、ヒット2本、5つの三振を奪う好投を見せたものの、味方の援護に恵まれず、プロ3年目で初のふた桁勝利はなりませんでした。
また、この試合では自らの送球エラーに加え盗塁を4つ決められるなど、今後修正が必要な課題も見られました。

佐々木投手はこれで、レギュラーシーズンの登板を終える予定で、今シーズンは20試合に登板し9勝4敗、173個の三振を奪い、規定投球回数に届いていませんが防御率は2.02となりました。

試合後、取材に応じた佐々木投手は「チームとしてもう負けられない試合だったので、0点に抑えることを意識して試合に臨んだ。盗塁を決められた場面は僕の責任だと思うので、そこはしっかり集中していきたい。ただ、タイムリーヒットは打たれていないので、良い形で攻められたかなとは思う」と振り返りました。

また、レギュラーシーズンを振り返り「大きなけがなく1年間投げられたのは収穫かなと思う。ことしはまめで登板できないこともあったが、それは来年につなげて、歳を重ねるごとにそういうケガをなくしていきたい。今後はきょうのような試合でしっかり勝ち投手になれるようなピッチャーになりたい」と話していました。

佐々木朗希 今季レギュラーシーズン投球成績

○勝利投手 ●敗戦投手 -勝ち負けなし
3/27楽-6回 自責3 10K 四死球2 被安打4
4/03西○8回 自責1 13K 四死球1 被安打3
4/10オ○9回 自責0 19K 四死球0 被安打0
              =完全試合
4/17日-8回 自責0 14K 四死球0 被安打0
              =“8回完全”
4/24オ○5回 自責2 4K 四死球5 被安打6
**********************************
5/06ソ-6回 自責1 11K 四死球1 被安打6
5/13オ○7回 自責1 7K 四死球0 被安打6
5/20ソ○6回 自責1 9K 四死球3 被安打4
5/27神-6回 自責0 7K 四死球0 被安打4
**********************************
6/03巨●5回 自責4 6K 四死球1 被安打8
6/11D-8回 自責1 5K 四死球0 被安打3
6/22西○7回 自責0 9K 四死球3 被安打3
**********************************
7/01楽-4回 自責0 10K 四死球2 被安打2
**********************************
8/03楽●5回1/3 自責5 5K 四死球0 被安打8
8/10ソ●6回 自責2 10K 四死球0 被安打5
8/19楽○6回 自責5 6K 四死球4 被安打5
8/26楽○7回 自責0 8K 四死球2 被安打3
**********************************
9/02オ●9回 自責1 9K 四死球1 被安打4
9/14日○5回 自責1 6K 四死球0 被安打4
9/26ソ-6回 自責1 5K 四死球4 被安打2
**********************************
今季通算 9勝4敗 129回1/3 防御率2.02 奪三振173=リーグ2位
※規定投球回数 今季は143回