岸田首相 きょうから「弔問外交」 “外交的遺産 受け継ぐ”

安倍元総理大臣の「国葬」は27日行われます。これを前に、岸田総理大臣は、26日から参列する各国の首脳らとの「弔問外交」に臨むことにしています。

安倍元総理大臣の「国葬」は27日、東京・千代田区の日本武道館で行われます。

国内外の合わせておよそ4300人が参列する予定で、このうち、700人程度は海外の政府関係者や日本に駐在する大使などです。

岸田総理大臣は、26日午後から「国葬」翌日の28日まで、東京・港区の迎賓館で「弔問外交」に臨み、現職の首脳らと個別に会談することにしています。

26日は、アメリカのハリス副大統領や、ベトナムのフック国家主席などと会談し、ハリス副大統領とは26日夜、夕食会も行う予定です。

また、「国葬」当日の27日は、インドのモディ首相やオーストラリアのアルバニージー首相などと、28日は、韓国のハン・ドクス(韓悳洙)首相やカンボジアのフン・セン首相などと会談することになっていて、3日間で30人余りと会談する予定です。

一方、G7=主要7か国の現職の首脳で唯一参列を表明していたカナダのトルドー首相は、災害対応のため参列を取りやめると発表しました。

一連の会談を通じて、岸田総理大臣は「安倍氏の外交的遺産を受け継いで、発展させる意思を内外に発信したい」としています。