【気象予報士解説】台風15号接近 土砂災害など厳重警戒を

台風15号の接近の影響で愛知県では非常に激しい雨が同じ場所に降り続いていて、気象庁は午後6時前、「線状降水帯」が確認されたと発表しました。土砂災害や洪水が発生する危険性が急激に高まっていて、厳重な警戒が必要です。
台風はこれから24日にかけて東海や関東甲信などにかなり接近してさらに雨量が増えるおそれがあり最新の気象や避難の情報を確認するようにしてください。

今後の雨の見通しについて、向笠康二郎 気象予報士の解説です。

(データ放送ではご覧になれません)