フィリピンとアメリカの大統領が対面で初会談 南シナ海を協議

フィリピンのマルコス大統領はアメリカのバイデン大統領と就任後、初めて対面で会談し、両国の軍事同盟関係の強化や中国が海洋進出を強める南シナ海の情勢について協議して、対米関係を重視する姿勢を鮮明にしました。

国連総会に出席するためニューヨークを訪れているフィリピンのマルコス大統領は22日、アメリカのバイデン大統領と就任後、初めて対面で会談しました。

会談の冒頭、バイデン大統領は「南シナ海や世界の重要な水路をめぐる争いについて話し合いたい」と述べたのに対して、マルコス大統領は「地域の平和を維持するためにアメリカが果たす役割は、とりわけフィリピンから高く評価されている」と述べ、フィリピンが中国との間で領有権を争う南シナ海の問題をめぐり、アメリカの関与への期待感を示しました。

また、バイデン大統領が両国の軍事同盟関係の強化を呼びかけると、マルコス大統領も「今後もアメリカとの協力関係を続けていく」と応じ、関係を強化することで一致しました。

このあと、会談ではアメリカによるフィリピンへの防衛義務や航行の自由の重要性などについて確認しました。

中国と対抗するためにフィリピンを取り込みたいアメリカに対して、フィリピンのドゥテルテ前大統領は任期中、一度もアメリカを訪れず距離を置きましたが、ことし6月に就任したマルコス大統領は対米関係を重視する姿勢を鮮明にしました。