セブン‐イレブン チケット発券できない状態 復旧めど立たず

コンビニエンスストア大手「セブン‐イレブン・ジャパン」の全国の店舗でシステム障害のためイベントなどのチケットが発券できない状態が続いています。復旧のめどは立っておらず、会社では、チケットの購入や予約を確認できるものがあれば原則として会場への入場は可能だとしています。

発券ができなくなっているのは、グループが運営する「セブンチケット」や、チケット販売大手「ぴあ」などが取り扱っているスポーツや音楽などのイベントや映画などのチケットです。

会社によりますと23日午前1時すぎから全国およそ2万1000店のセブン‐イレブンの店舗でチケットサービスのシステム障害のためチケットの発券ができなくなりました。原因を調べていますが、復旧のめどは立っていないということです。

会社は、レシートや携帯電話の画面などチケットの購入や予約を確認できるものがあれば原則として会場への入場は可能だとしています。

確認できるものがない場合には、イベントの主催者やチケットを扱う業者の窓口のほか「セブンチケット」のコールセンターなどに問い合わせてほしいとしています。

セブン‐イレブン・ジャパンは「サービスを利用いただいているお客様に多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」とコメントしています。

プロ野球の試合ではスタッフが手書きでチケット用意も

「セブン‐イレブン・ジャパン」の全国の店舗でシステム障害のためチケットが発券できない影響で、福岡市の球場ではプロ野球の23日夜の試合に向けてスタッフが手書きでチケットを用意する対応に追われました。

福岡市のPayPayドームでは、23日午後6時からソフトバンク対ロッテの試合が行われます。ドームでは、入場チケットを予約したもののセブン‐イレブンの店舗でシステム障害のため発券できなくなった人のために、試合開始4時間前の午後2時に急きょ、特設の窓口が設けられました。

窓口では入場前の客が列をつくる中、スタッフがそれぞれの予約番号を確認したうえで所定の紙に手書きで座席番号などを書き込んでチケットを手渡していました。

70代の女性は「いつもコンビニで発券しています。こんなことは初めてです」と話していました。

また、50代の男性は「コンビニで発券できませんでした。今後はこういうことがないようにしてほしいです」と話していました。