日米韓外相会談 北朝鮮さらなる挑発行為には毅然と対応を確認

日本、アメリカ、韓国の外相がニューヨークで会談し、北朝鮮が核・ミサイル活動を活発化させていることに深刻な懸念を表明したうえで、さらなる挑発行為が行われた場合には、毅然と対応することを確認しました。

国連総会のためニューヨークを訪れている林外務大臣は、日本時間の23日未明、アメリカのブリンケン国務長官、韓国のパク・チン外相とおよそ50分間、会談しました。

この中で、3人の外相は北朝鮮が核・ミサイル活動を活発化させていることに深刻な懸念を表明したうえで、さらなる挑発行為が行われた場合には毅然と対応することを確認しました。

そのうえで、日米同盟や米韓同盟の抑止力を高めるとともに、3か国の安全保障協力を進めていくことで一致しました。

また、中国の海洋進出や経済的な威圧を念頭に、太平洋の島しょ国に対してニーズを踏まえながら支援を行うことや、ルールに基づく経済秩序を強化していくことを確認しました。

一方、ウクライナ情勢をめぐっては、ロシアの軍事侵攻を非難したうえで、力による威圧に対して断固とした対応をとり、ウクライナへの支援を継続することを改めて確認しました。

韓国外相「北朝鮮の核に断固たる対応の準備が必要」

ニューヨークで行われた日本、アメリカ、韓国の外相による会談のあと、韓国のパク・チン(朴振)外相は記者団に対し「国際情勢は厳しく、経済安全保障の面でも変化が起きているので、3か国の協力をさらに強化していくことになった。そして、北朝鮮による最近の核の脅威についても、3か国の緊密な協力を通じて断固たる対応のための準備が必要だという話をした」と述べました。

また、日本時間の22日に行われた岸田総理大臣と韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の懇談について、パク外相は「韓国と日本の関係改善のためにいい契機になったと評価している」と述べました。