イスラエル首相 パレスチナと2国家の共存へ支持表明 国連総会

中東イスラエルのラピド首相が国連総会で演説し、停滞するパレスチナ和平について「2つの民のための2つの国家こそがイスラエルにとって最適だ」と述べました。イスラエルの首相が国連総会の場で2つの国家の共存への支持を表明するのは近年では異例です。

国連総会では22日、議会が解散したあとに、暫定的に職務を務めているラピド首相が演説しました。

この中でラピド首相は、2014年以来、交渉が停滞しているパレスチナ和平について「2つの民のための2つの国家こそがイスラエルの安全保障や経済にとって最適だ」と述べました。

そのうえで「将来のパレスチナ国家は平和的なものでなければならない」と強調し、イスラム組織ハマスなどに対し、武力攻撃をやめるよう主張しました。

イスラエルの首相が国連総会の場で2つの国家の共存への支持を表明するのは近年では異例です。

パレスチナ和平をめぐっては、イスラエルで右派政権が続き、ユダヤ人入植地の拡大が進んでいることなどから、2国家共存による解決への道筋は見通せない状況が長く続いています。

イスラエルでは11月の総選挙を前にパレスチナ人の排斥を訴える極右政党が支持を拡大していて、選挙結果が対パレスチナ政策にどのような影響を与えるかが今後の焦点となります。