台風15号 静岡で12時間404ミリ 観測史上最多 関東甲信も警戒を

台風15号の影響で、静岡県では23日夜から猛烈な雨が降り続き、平年の9月1か月分を超える記録的な大雨となりました。これまでの大雨で土砂災害の危険性が高まっているところもあり、引き続き厳重に警戒してください。発達した雨雲は関東甲信にもかかり、断続的に非常に激しい雨が降っていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒して下さい。

気象庁の観測によりますと、台風15号は午前6時には静岡県御前崎の南南西100キロの海上を1時間に15キロの速さで北東へ進んでいます。

中心の気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の東側185キロ以内と西側150キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

静岡県で「線状降水帯」安全確保を

23日夜から24日朝にかけて静岡県では発達した積乱雲が流れ込み続ける「線状降水帯」が発生するなどして、各地で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り続き、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を23日午後10時前から午前3時までに16回発表しました。

静岡県では各地で記録的な大雨となり、12時間に降った雨の量は
▽静岡市で404ミリ、
▽静岡市鍵穴で383ミリ
▽森町三倉で342.5ミリ
▽浜松市船明で272ミリなどど、いずれも観測史上最も多くなりました。

静岡市ではわずか半日で平年の9月1か月分の雨量の1.4倍に達しました。

発達した雨雲は関東甲信にも

台風からの湿った空気や前線の影響で、この時間は関東や東北に発達した雨雲がかかっています。

これまでに降った雨で静岡県と茨城県では土砂災害の危険性が非常に高まり各地に「土砂災害警戒情報」が発表されています。

東海・関東甲信は今夜にかけて非常に激しい雨

今後の見通しです。

台風の接近に伴い、東海と関東甲信では24日夜にかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降るおそれもあります。

また、北海道と東北でも激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

25日朝までの24時間に予想される雨の量はいずれも多いところで
▽東海で200ミリ、
▽関東甲信で150ミリ、
▽北海道と東北で100ミリと予想されています。

これらの雨はまとまった時間に降るおそれがあります。

東日本の太平洋側では海上を中心に風が強まり、ところによって波が高くなる見込みです。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、強風や高波、落雷、竜巻などの突風に注意するよう呼びかけています。

静岡引き続き厳重警戒 関東甲信も急な状況悪化に備えを

記録的な大雨となった静岡県では、土砂災害の危険性が高い状態が続いている地域があります。

雨がやんだあとに土砂災害が起きたり、川の水位が上昇したりすることがあり、自治体の避難情報などを確認し安全を確保し続けてください。

関東甲信でも24日夜にかけて局地的に雨が強まり急激に状況が悪化するおそれがあります。

最新の気象情報を確認してください。