大相撲秋場所12日目 玉鷲が2敗目 3敗で4人が追う

大相撲秋場所は12日目、平幕の玉鷲は若元春に寄り切りで敗れ、2敗目を喫しました。
秋場所は2敗が玉鷲ただ1人、3敗で翔猿、高安、北勝富士、錦富士の4人が追う展開です。

中入り後の勝敗

▽豊山に隠岐の海は、隠岐の海が「寄り切り」。

▽水戸龍に琴勝峰は、琴勝峰が「寄り切り」。
 水戸龍は負け越しました。

▽隆の勝に千代翔馬は、千代翔馬につき手があって、隆の勝が勝ちました。
 隆の勝は勝ち越しです。

▽王鵬に妙義龍は、妙義龍が「押し出し」。

▽琴恵光に竜電は、竜電が「寄り切り」で勝ち越し。

▽平戸海に栃ノ心は、平戸海が「寄り切り」。
 栃ノ心は負け越しが決まりました。

▽千代大龍に碧山は、千代大龍が「突き落とし」。

▽阿武咲に照強は、阿武咲が「押し出し」。

▽遠藤に一山本は、遠藤が「押し出し」。

▽剣翔に宝富士は、剣翔が「突き落とし」で勝ちました。

▽若元春に玉鷲は、若元春が「寄り切り」。
 玉鷲は2敗となりました。

▽錦富士に翔猿は、翔猿が「押し出し」。

▽翠富士に宇良は、宇良が「きめ出し」。

▽逸ノ城に明生は、明生が「寄り切り」。
 先場所優勝の逸ノ城は負け越しました。

▽霧馬山に琴ノ若は、霧馬山が「寄り切り」。

▽高安に若隆景の3敗どうしの一番は、高安が「引き落とし」で勝ちました。

▽佐田の海に大栄翔は、大栄翔が「突き出し」。

▽大関 正代に豊昇龍は、豊昇龍が「首投げ」。

▽北勝富士に大関 貴景勝は、貴景勝が「はたき込み」で勝ち越しました。

▽大関 御嶽海に錦木は、御嶽海が取り直しの一番で「突き落とし」で勝ちました。

秋場所は12日目を終えて、
▼2敗は玉鷲ただ1人、
▼3敗で翔猿、高安、北勝富士、錦富士の4人が追う展開です。
新十両の栃武蔵は、星の差1つの輝に勝って単独トップの2敗を守りました。

栃武蔵は「きょうは低くいこうと考えていた。優勝はあんまり考えていない。1日1日を大切にあと3つしっかりと集中したい」と気を引き締めました。

琴勝峰は新入幕の水戸龍に勝って7勝目を挙げ「落ち着いているのが大きい。立ち合いを思い切りいってあとは何も考えない。日に日に意識を高めたい」と話していました。

一方、負け越しが決まった水戸龍は「一気に持っていかれないように立ち合いだけ残せばどうにかなるかと思ったが全然どうにもならなかった」と苦笑いしていました。

また、幕内の土俵について「みんなレベルが高くてやっぱり強い。まだ終わってないのであと3日間頑張りたい」と話しました。

隆の勝はともに勝ち越しをかけた千代翔馬との一番を制し「ほっとしている。うれしい。左四つにさせないように突き放して距離を取りながら攻めようと考えていた。うまくいった」と穏やかな表情で話しました。

そのうえで「前に出る相撲、じっくり攻める相撲を取れば番付も上がっていくと思う。これからもふた桁を狙って頑張っていきたい」と意気込んでいました。

竜電は、およそ2年ぶりに幕内での勝ち越しを決め「うれしい。攻める相撲ができたのでよかった」とほっとした様子で話していました。

平戸海は、栃ノ心に勝って3連敗のあと2連勝とし「きのう、きょうで自分の相撲が取れるようになってきた。落ち着いている」と話していました。

一方、負け越しが決まった栃ノ心は「なかなかまわしが取れない。全然自分の相撲が取れていないのが悔しい」と元気がない様子で話していました。

剣翔は、今場所、初めての連勝に「うまく体が反応してくれたのでよかった。少し思い切った相撲が取れている」と話していました。

若元春は単独トップの玉鷲に勝って7勝目を挙げ「正直勝てるとは思っていなかった。後半は調子が良いわけでもなかったので優勝争い筆頭の相手に思い切って前に出ようと思った。のど輪で起こされたが足は止めずに前に攻められたのでよかった」と振り返りました。

また、花道で元横綱・白鵬の宮城野親方に拍手を送られたことについて「取組を見てもらえただけでもありがたい」とうれしそうに話していました。

そのうえでみずからの番付について相撲独特の言い回しで「正直家賃が高いので(自分の実力以上の地位にいるので)思い切って行くだけ。いい相撲が取れれば」と意気込みました。

一方、敗れた玉鷲は取組のあと取材に応じませんでした。

3敗の翔猿は2敗の錦富士と対戦し何度も下から突いて押し出しで9勝目を挙げ「どんどん攻めていこうという気持ちが白星につながっている。一番一番集中してどんどん前に出る相撲をしたい」と勢いよく話していました。

一方、連勝が5で止まり3敗目を喫した錦富士は「ああいう相撲を取ってくると分かっていたが我慢しきれなかった。相手に合わせて相撲を取ってしまった」と悔しそうでした。

そのうえで今後の優勝争いについて「優勝は頭の隅にはあるが1日一番、しっかり自分の相撲を取ってからの話なので特に深く考えない。あしたの取組に備えたい」と話しました。

きのう黒星だった平幕・高安は、関脇・若隆景との3敗どうしの一番を制し「後手にならないようにちゃんと取れた。きのうの相撲は悪かった。反省してきょうに生かした」と話していました。

そのうえで「落ち着いて相撲が取れるように頑張る。千秋楽まで気を引き締めて、盛り上げたい」と意気込みました。

一方、連勝が8で止まった若隆景は「先に攻められたのがよくなかった。切り替えてあと3日集中して取りたい」と淡々と話していました。