安倍元首相「国葬」 韓国からはハン首相ら参列へ

韓国政府は、今月27日の安倍元総理大臣の「国葬」にハン・ドクス(韓悳洙)首相らが参列すると発表しました。
韓国の首相の日本訪問はおよそ3年ぶりで、ユン・ソンニョル(尹錫悦)政権には冷え込んだ日韓関係の改善に向けて取り組む姿勢をアピールしたい思惑もあるとみられます。

韓国外務省が15日、発表したところによりますと、今月27日の安倍元総理大臣の「国葬」には、韓国政府の弔問使節団としてハン・ドクス首相や、韓日議員連盟の会長を務めるチョン・ジンソク(鄭鎮碩)国会副議長らが参列するということです。

韓国の首相が日本を訪れるのは、2019年10月に当時のイ・ナギョン(李洛淵)首相が天皇陛下の「即位礼正殿の儀」(そくいれい せいでんのぎ)に参列して以来、およそ3年ぶりです。

ハン首相は日本の政財界の関係者たちと意見を交わす予定だということで、ユン・ソンニョル政権には、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで冷え込んだ日韓関係の改善に向けて取り組む姿勢をアピールしたい思惑もあるとみられます。