日本相撲協会 国技館のある墨田区と初の連携協定 地域貢献を

日本相撲協会が国技館がある墨田区と子どもの健全な育成や、文化の振興などで協力することを確認する連携協定を結びました。日本相撲協会が自治体と連携協定を結ぶのは初めてです。

23日は東京 両国の国技館で協定の締結式が行われ、日本相撲協会の八角理事長と墨田区の山本亨区長が出席しました。

協定では子どもの健全な育成や、観光振興に関することなど8つの項目について協力することが確認されていて、今後、力士が区内の小学校を訪れて体幹を鍛えるしこの踏み方や、安全な受け身の取り方などを教える、出前授業などを計画しているということです。

日本相撲協会が自治体と連携協定を結ぶのは初めてです。

協会では墨田区内に国技館や多くの相撲部屋があることから、これまでもさまざまな形で地域貢献に力を入れてきましたが、今回の協定を踏まえてより一層、連携を深めていきたいとしています。

日本相撲協会の八角理事長は「墨田区の活性化につながり、子どもたちの生き生きとした生活につながるように、積極的に協力していきたい」と話していました。

また墨田区の山本区長は「伝統文化を継承するためにも有意義な協定だ。相撲という資源を生かした魅力的な観光施策も生み出していきたい」と話していました。