東京ディズニーリゾート内で販売の菓子にカビ 自主回収を発表

東京ディズニーリゾート内で販売していた菓子にカビが見つかったとして、運営会社は、対象の商品およそ6700箱を自主回収すると発表しました。

自主回収するのは、ディズニーキャラクターの絵柄がプリントされた「東京ばな奈キャラメルバナナ味」のうち、賞味期限が今月20日と27日の合わせて6782箱です。

会社によりますと、今月15日に、客から「カビが生えている」という連絡が複数寄せられ、商品を取り寄せて調べたところ、包装の密封が不完全だったため、カビが生えていたものが確認されたということです。

対象の商品は静岡県裾野市にある工場で製造され、今月7日から15日まで東京ディズニーリゾート内の合わせて9店舗で販売されていたということで、これまでのところ健康被害は確認されていないとしています。

運営会社のオリエンタルランドは「皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけし、深くおわび申し上げます」とコメントしています。

会社では問い合わせの窓口を設置していて、
▽電話番号は、0120-005-688、
▽今月19日から来月18日までの間、
▽午前9時から午後5時まで受け付けています。